井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「ミサイル発射」の後に「実験」が付くかで違う

 前もそうだったが、「テポドン」の発射について「ミサイル発射」の後に「実験」が付くかどうかで大違いだ。
 付かないなら攻撃か防御の為すなわち戦闘であり、そのうちで日本に対して攻撃の意図が明らかなら、精度が低過ぎてあてにならない迎撃よりも、発射前に破壊してしまったほうがはるかに確実で、正当防衛として国際的にも国内法的にも問題はない。
 ところが、迎撃ということは、ミサイルだとしても発射実験であるか、あるいは人工衛星打ち上げであるわけで、すると正確には「ミサイル発射実験」か「人工衛星の打ち上げ」と言うべきだ。
 そのうえで、失敗して地上に落下物があり得えて、そこが日本の領土内である可能性があるなら、安全に配慮し計画の変更をするか、それが不可能なら中止するように要求し、どちらも聞き入れられないなら、迎撃の準備をしながら抗議と国際的な糾弾と経済などなんらかの制裁をすべきだ。
 つまり、迎撃とは、もっと確かな手段が使えない場合のやむを得ない最後の手段ということだ。
 もちろん、わざとあやふやにしておいて不安を煽り政治的に利用するなら別である。

 Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
Commented by アポドン at 2009-05-02 18:05 x
勉強不足で恐縮です。
 抗議と国際的な糾弾という点においては大いに賛成です。ただし国単位ではなく、計画をした者を裁判にかけることのできるような制度をつくる努力をするべきと考えます。
 迎撃の準備は相手のに攻撃の理由を与えかねないのでは?経済制裁も、いちばん苦しむのは民衆で反日感情を煽ることになるのを心配します。
Commented by ruhiginoue at 2009-05-02 23:56
違法ならオランダのハーグで裁くことができるかもしれません。でも、そうならならいように手続きと根回しをされたら不可能でしょう。
 迎撃準備は日本国内向け政治的見せかけでしかないことを北朝鮮政府は理解しているのではないかと思います。
 経済制裁は、政府ではなく民衆に被害という問題と、具体的にどうすれば相手が困って折れるというのがなければ無意味ですが、それを言うと北朝鮮を利すると決めつけて攻撃しヒステリーを煽る人たちがいるから問題です。長い目で見ると絶対に不利になります。
Commented by アポ at 2009-05-03 06:50 x
 丁寧なお返事ありがとうございます。
 国際司法裁判所に日本は働きかけているそうですね。しかし北朝鮮は聞き入れないという態度だと。全く知りませんでした。私のような人が大多数であるのが問題です。今はできるだけ騒ぎ立てずに放っておくのがいいのではと知り合いの意見。私もいまのところ他に最善策なしということで落ち着きました。オバマさんの意見に期待したいです。
 ということは井上さんの仰るとおり北朝鮮政府は理解しているということに納得です。
 ブログ大変興味深く読ませていただきました。井上さんのように冷静な目で物事を判断する人が増えてくれればと願います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-03-03 18:07 | 社会 | Comments(3)