コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

恐竜の羽毛

 中国で、羽毛のある草食恐竜の化石が見つかった。肉食恐竜ならずでに多く見つかっていて、だからコナン・ドイルではなく『ジュラシックパーク』の続編の『ロストワールド』ではティラノサウルスの子供に羽毛があるとの描写だった。
 今回見つかったのは白亜紀の前期というから、後期とジュラ紀の間のまさに恐竜絶盛期ということになる。
 その後に進化したものは鱗に覆われているので、それは羽毛から先祖返りして鱗になったかもしれないし、進化して翼となった者もいる、という説が唱えられているそうだ。
 ところで爬虫類のワニは鱗に覆われているが鳥に近い生態を持ち、脳は大脳皮質が発達して人間とも共通する部分もあり、爬虫類で最も賢い。亀の甲羅は肋骨が広がったもの。哺乳類のアルマジロが鎧みたいになっているのは毛が変化したものだ。
 しかし、かつては鱗より羽毛が進化していて、爬虫類より哺乳類が進化していると単純に考えられていた。どうも、そうとは言えず、順番にこうだというのは誤りだというのが最近の学説の傾向のようだ。
 とにかく恐竜については、今と昔と大違いで、高校生あたりと話すと、戦前と前後の世代みたいな差を感じてしまう。
 
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-03-30 19:46 | 学術 | Comments(0)