コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

マッカーサー

 今日はマッカーサーが退任した日だそうだ。
f0133526_4312012.jpg

 昭和天皇とのツーショットは、公開された当時「日本がアメリカと戦争して負けたのも当然」と、敗戦に打ち拉がれた日本人に追い打ちの衝撃だったそうだが、今では若い人の中に日本がアメリカと戦争したことすら知らない人がいるそうで、自分はどうかというと、戦争は歴史として知ってはいても、マッカーサーというとグレゴリー=ペックだった。
 小学生のとき映画『マッカーサー』が公開されて、ジェリー=ゴールドスミスが作曲した「マッカーサー・マーチ」とともにペックが軍服着てサングラスかけてコーンパイプくわえて出てきて“I shall return”とか“Old soldiers never die”とか言っていた。
 今は閉店してしまった専門店「すみや渋谷店」で初めて買った‘サントラ盤’が『マッカーサー』の輸入盤だった。



 後に映画をDVDで再鑑賞すると、歴史的背景の予備知識が加わっての鑑賞となり、細かいところが理解できるようになっていたのだが、そうしてみると、朝鮮戦争のお粗末などマッカーサーはけっこうマヌケな軍人で、パットンほどの才覚はなく、政治家にはとうてい向いておらず、大統領の地位もアイゼンハワーに持って行かれて当然だと感じた。
 また、グレゴリー=ペックは、マッカーサーと違ってけっこうリベラル派だったらしいと、後で知った。
[PR]
Commented by ナミキ at 2009-04-24 07:12 x
カッコイイマーチですね。
パットンのほうでは砂漠の狐ロンメル将軍率いるドイツ戦車軍団を撃破したパットンが大喜びしてまして「ロンメルのバカめオレはオマエの本を読んだんだぞっ」と言ってますよね。
ロンメル著「戦車戦術」をパットンは熟読して研究したから返り討ちにできたと。
それで「防衛医大」には、医者が書いた論文を調べていて被告席で何と抗弁するか予想していたからパットンを見習っていたということですか。そんな記述がありますね。
裁判も調査と作戦ということですかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-04-19 11:13 | 雑感 | Comments(1)