井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

最近の年寄りは

Excite エキサイト : 社会ニュース

 公共の場でマナーを守らず傍若無人の迷惑行為をする老人が目立つと言われて来たが、老人世代の犯罪も増加しているそうだ。
 これはけっこう前から言われて来たことで、本来は、子供が社会道徳を守らないと年寄りが注意したものだが、だんだんと、子供でも守っている社会道徳を年寄りが守らないようになってきた。
 それは、まず、戦後の混乱期になりふり構わず生きて来た世代が言われたことで、それは気の毒な部分もあるから同情されもしたが、その次に、全共闘とか全学連の世代が老人となったから、ただ非常識で生意気で憎たらしいだけになった。
 「そんな老人は角材か鉄パイプでぶん殴るべき」と言う人も多いが、そのうちに実際にやる人が出るのではないか。
 そんな世代の老人たちの度を超した非常識については、既に述べたが、もともとその世代のインチキ反権力ぶりっ子たちは、今のネットウヨにも劣る者が少なくない。だから、人権擁護運動などに熱心なふりして実は妨害ばかりしている。
 また、環境問題についても日本でひどいのは老人。デジカメ持った爺がカメラ小僧みたいにして、立ち入り禁止地区に平気で入っていく。例えば尾瀬のデリケートな環境を保全しようと若者たちが頑張っているところへ、行楽で訪れた老人たちがぶち壊しをする。爺サマが婆サマたちに「撮ってあげるからそこにいて」と言い、踏み荒らしてはいけない明確に表示がある場所へドカドカと入っていき、そこから「ハイこっち向いて笑って」などとやっている。注意されても反発するだけ。これに比べたら、秋葉原のホコ天でコスプレ女らに群がるカメラ小僧たちのほうが、よほど行儀がいい。
 他にも挙げたらきりがないので、この辺にしておくが、真面目な話、早く死んでくれないと社会がダメになり手遅れになるのではないか、と心配している。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-04-29 20:56 | 社会 | Comments(0)