コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

化粧をする男

 忌野清志郎は化粧をする男だから日本のデビッド=ボウイだと言ったのは、バンドやっていた同級生だ。化粧は合作していた坂本龍一もしていて、連想するのは他でもない『戦場のメリークリスマス』だが、「ベストテン」で、忌野清志郎と坂本龍一のキスシーンにリクエストがたくさん来て、その一番多い理由は「気持ち悪かったから」だと黒柳徹子が笑いながら紹介していたものだ。
 坂本龍一も社会的な言動はするし、ボウイはボブ=ディランの影響を受けていたうえ自称ゲイないしバイセクシャルだったので、抑圧された少数派の代弁者として社会派していた時期もあったけれど、相棒のイギー=ポップから借りてきたような感じだった。
 80年代には、ロックからメッセージ性がなくなりポッブスとダンスミュージックの混濁といわれた。それは有害だったとボウイが回想して述べていたが、ではベストセラーの『レッツダンス』はどんなつもりで作ったのだろうか。
 そんな80年代のボウイに傾倒していたのが、今では娘が活躍している中川勝彦で、ボーイ=ジョージ来日のとき前座で女装して唄っていた。数年後にアーノルド=シュワルツェネガーが主演活劇映画『コマンドー』の中で、娘(子役時代のアリッサ=ミラノ)のロック雑誌を見ながら「これはガール=ジョージだ」と言い「子供の頃、ドイツにもロックが入ってきたが東側では退廃的で亡国だと禁止された・・・そうかもしれない」と、女装に嫌悪感を示していた。シュワルツェネガーはオーストリア出身でドイツなまりの英語を話すが、旧東ドイツのロックとゲイの事情は後に『へドウイック』という映画になっている。
 やはり癌だったが享年31歳と早すぎるどころではないかった中川は、そうした80年代の洋楽志向の歌手だった。これは松田聖子と共に、当時代のもう一つの流れだった。冷戦の中での保守化とレーガン大統領の政権発足、軍拡とサブライサイドエコノミクスによる「レーガノミックス」といわれる政策、それに邪魔だったからCIA陰謀説があったジョン=レノン暗殺は、真偽はともかく絶妙のタイミング。
 そうした中に、忌野清志郎が敢然と立ち向かったのではなく、普段は表立った言動をしたがらないのに突然、それも大資本など巨大な相手に臆することなく社会と向き合おうとするから、みんなが驚かされたものだった。
 その一つが、これ。サザエさんが「エネルギーとエレクトロニクスの」と紹介する、東京の芝浦の1の1の1に本社がある会社の子会社がレコード発売を拒否し、それを気にして放送自粛した「腐った」「最低の」「政治家の手先」「お×××野郎」の放送局があったというのが、この歌だそうだ。
 これは、欧米のメディアでも話題となり、日本のロックはモノマネでしかないから真面目な内容ではないとして当時の日本の人気バンドのビデオを紹介し、しかし一方で、忌野清志郎が歌で原子力政策を皮肉ったために大企業から圧力がかかったことを紹介し、日本にも社会派がある例としていた。
 ちなみに、モノマネで真面目ではない例として紹介されていたのは「聖飢魔Ⅱ」のデーモン小暮が出ているビデオだった。




Excite エキサイト : 芸能ニュース

人気ブログランキングへロゴをクリックして投票をお願いします。
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2009-05-05 17:49 x
 ボーイ・ジョージと清志郎との違いって、MTVが必要か不必要かってとこかな。
Commented by ruhiginoue at 2009-05-06 09:23
 MTVでこけら落としとして最初に放送した歌はバグルスの『ラジオスターの悲劇』でした。
 最近のボーイ=ジョージは「男性問題」ばかりでヒット曲がありませんね。
 聖飢魔Ⅱは、お笑いとして認知されているのでは。
Commented by girasol at 2009-05-06 21:02 x
化粧に有名曲のカヴァーに歌詞を変えて歌うスタイル。
それくらいしないと昔の日本ではメッセージ性の強い曲というのは受け入れられなかったのかもしれませんね。
化粧に関しては”20世紀少年”でお馴染みの20thセンチュリーボーイを歌うマーク・ボランなどグラムロックの頃から男の化粧は盛んだったし、
カヴァー曲も昔の歌謡曲のヒットチャートの上位にはアメリカポップスのカヴァーが何曲も入ってたし。
元来、日本人は他国の良い物を取り入れて工夫して独自の物を作り上げてく技量がありましたね。
忌野清志郎は、良い物を真似てそこに強いメッセージを乗せて成功したすごい人だ。彼を失った日本の損失は大きい。
Commented by ruhiginoue at 2009-05-07 04:34
 男性歌手が化粧するのも自己主張があったわけですが、それとは玉置浩二などは全然ちがうものでした。デュランデュランや中川勝彦も違うけれど、玉置はそれとも違い、似合わないのをウケ狙いでわざとやっているようでした。美輪明宏は反権力で女装していると自分では言ってましたが、自称霊能者というオカルトの人なので、はたしていかがかというところでした。
 忌野清志郎のカバーでは『イマジン』の自分流の解釈と独自の訳はみごとでした。
by ruhiginoue | 2009-05-04 12:40 | 芸能 | Comments(4)