コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

無能だから少年院の教官になる

 広島少年院の教官による暴行事件、もともと刑務所とか少年院では指導に名を借りた暴行が多く、それは官僚組織の中で落ちこぼれた者が就く部署となっている現実があるため、人の上に立つ資質がない者だから指導力が欠如していて、秩序を維持するのに鉄拳制裁などの暴力に頼るしかないのだ。
 これを風刺したハリウッド映画『ラストキャッスル』がある。題名は米軍刑務所の意味で、所長は鉄拳制裁を正当化するため、犯罪者が相手だから厳しくしないといけないと宣うのだが、実は指導力が無いだけ。だから軍隊で昇進できず軍刑務所長にしかなれなくて、戦史の骨董品を収集するオタク趣味に喜びを見出している。
 そこへ、ロバート=レッドフォードふんする年配で階級の高い囚人が入ってくる。彼は越権行為をしたため軍法会議で有罪となり実刑を受けていて、他の多くの若い囚人たちが暴力沙汰や麻薬使用で監獄入りしたのとは事情が全然ちがっていた。
 彼は所長のオタク趣味を、実戦経験が無い者のすることだと言い、これに所長は激怒するが、図星であった。そして、過ちはしたがもともと優れた指揮官だった主人公は他の囚人たちのまとめ役となり、暴力とか制裁を一切なしに見事な指導力で秩序を築いて見せる。このため所長の立場がなくなり、憎まれるようになってしまう。
 この先はDVDを。

人気ブログランキングへクリックを

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by ZED at 2009-05-14 01:15 x
それとヤクザ系実話雑誌なんかによく載る話ですが、ムショの看守には世襲が多いそうですね。それもムショのある地元出身者で、親が看守だと子供もそのまま看守になっちゃう例が多くて悪循環に輪をかけているそうです。
Commented by ruhiginoue at 2009-05-14 09:16
 威張り散らしてばかりいる看守は昔から風刺のネタになっていてドリフターズの全員集合でもギャグにされてました。
by ruhiginoue | 2009-05-13 19:52 | 司法 | Comments(2)