コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ひき逃げが増える恐れ

 福岡の飲酒運転事故の裁判は、地裁では業務上過失致死罪だったのが、高裁では危険運転致傷罪の認定となり、刑が重くなった。これは、検察の立証が弱い部分について、一審では厳密に判断したものが、二審では緩い判断となったわけだ。
 こうなると、絶対確実ではなくても断定されて厳罰になることを社会一般に知らしめたのだから、それにより、免許を持つ人の多くが飲酒運転は絶対にいけないなと肝に銘じてくれるだろうか。そんなことは絶対にない。
 むしろ、やってしまってから怖くなり逃げ出す人が増加するだろう。現に本件の被告は、事故を起こしたさい、飲酒により運転は駄目だったくせに自分が不利になることだけは咄嗟に判断できて、水中に転落した自動車から子供を助けようと親が必死になっているのを無視して立ち去り、酒臭いのを誤魔化そうとして水を飲み、逃亡と隠蔽を謀っている。
 また、この事件があったうえ他にも飲酒運転が問題となる事件があったため、法改正で罰則が強化され、そのことを警視庁がポスター作って大いに広報し啓発している最中に、現職警官が飲酒運転をしてしまう事件が何度もあり、その度に警察は「あってはならないこと」「まことに遺憾である」「厳正な対処をしたい」と談話を発するものの、後を絶たない。つい最近では、いわゆるペーペーではなく副署長が摘発されている。
 中川昭一や草彅剛を見てもわかるとおり、後で自分も大変なことになるし周囲にも迷惑をかけるのだということが、わからないわけないのに、それでも酒癖が悪い者はやってしまうものだ。
 そんな実態を見ると、飲酒運転の事故でいくら被害が悲惨とはいえ、本件のようなやや強引にでも厳罰というのは、一部の一時的な報復感情は満たせても、再発防止の観点からは効果がなく、むしろ加害者の隠蔽や逃亡あるいは自殺によって究明が妨られるだろう。
 それに比べたら、前から指摘があったとおり、無理して刑を重くするより、早い社会復帰による補償をさせたほうが、まだ現実的である。
 ところが、被害者が憎しみの感情をもち、それを検察が利用することは当然としても、一般人が野次馬感覚により単純に厳罰で良かったと言うのは浅はかでしかないし、それ以上に問題なのがマスコミ報道で、刑が重くなったことを遺族が喜んでいると報じるばかりでその後の影響についてほとんど検証が無い。これは裁判員制度を控えているのに由々しきことだ。
 とにかく、この判決の影響でひき逃げ事件が増加しないことを祈るばかりだ。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-05-15 14:22 | 司法 | Comments(0)