コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

病気と薬と、怖いのはどちらか

 インフルエンザに罹ったことがあり、また、その予防注射による副作用の被害を受けたこともあるが、どちらが苦しいかと言えば絶対に副作用である。
 70年代に、薬の乱用による副作用や筋短縮症が続発して、医学界と製薬業界の利権優先による人権無視が問題となり、同時に、その効果にもさまざまな疑問が指摘され、予防接種が見直されるなどしたのだが、そのほとぼりが冷めるとインフルエンザ利権を求める業界の御用医師たちが、まるでゾンビ復活のように湧いて出て、そこへさらに養鶏業者までが、培養に使う卵が売れなくなって商売あがったりだからなんとかしてくれと騒ぎ、こんなところにまで利権かと呆れさせられたものだ。
 たかが風邪である。もちろん、こじらせると命にかかわる。しかし、人の命を食い物にして莫大な利益をあげる一部の人間サマに比べたら、ウイルスなんて怖くないという現実を忘れてはいけない。


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by doopylily at 2009-05-20 10:54
まさにその通り。ワクチンで死ぬぐらいなら病気で死ね!という厚労省と反ワクチン団体のおかげで人々ははしかの予防接種による副作用の恐怖から解放されました。そのかわり今でもはしかは根絶されず年間10-20人の乳児が死んでますが、そんなことで医学界と製薬業界の利権優先を許すわけには行きませんよね。
tp://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/12/s1213-5d.html#1-2
Commented by doopylily at 2009-05-20 11:01
あ、もちろんインフルエンザに限定した話なんですよね。関係ない話でごめんなさい。高齢者ではインフルエンザによる死亡が予防接種で減るそうですが、そんなのは政府の陰謀で全くの嘘ですよね。仮に事実だとしてもたかが風邪だから、予防接種の副作用で地獄の苦しみを味わうよりは自然にインフルエンザで死んだ方が遥かにマシですよね。

tp://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b150070.htm
Commented by mamahaha at 2009-05-20 11:52 x
はしかは子供の病気だから老人のインフルエンザとは話が違うし、予防接種の害が問題になったのは子供のことですね。たしかに関係ない話ですね。
でも驚いたのははしかの予防接種をしなくなったことが唯一の原因かはわからないけれど10人から20人の乳幼児が死ぬことですね。
莫大な費用をかけて副作用でとりかえしのつかないこともありながら、それで助かる人がたったそれだけなのかな。
対費用効果とか対リスク効果は、どうなっているんでしょうね。
Commented by ruhiginoue at 2009-05-20 19:34
 あとなにが目的かという問題があります。ポリオみたいに撲滅したいのか。集団接種と自己決定権とのからみもあります。
Commented by deep6 at 2009-05-20 23:04 x
doopylilyさんのブログ見たら「菌」と括弧付きで他人が言ったことだとしたうえで笑っていたから某ブログの人の間違いにちゃんと気づいてるんでしょうけど、実は某ブログは承認制で間違いの指摘を受け付けてないのよ。
Commented by ruhiginoue at 2009-05-21 23:35
 カッコなしで、つまり自分の言葉として言っているブログは、自信がないから承認制なのでしょうかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-05-20 02:18 | 社会 | Comments(6)