井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

私が金正日から日本を守ります

 かつて安倍晋三氏が、週刊文春にPR記事を載せてもらい、電車の吊り広告などに安倍氏の大きな写真とともに「私が金正日から日本を守ります」と大見出しだった。
 よく言うよと呆れたが、それを売りにして間もなく総理大臣となり、ところが対北朝鮮外交が特に進展したのでもなく、選挙はふるわず、それでも続けると言った直後にお腹の具合が良くないと言って任期を残したまま辞任した。
 あのデビ婦人がブログで述べていたけれど、なんで北朝鮮に行ったのかなどと非難されたが、日本政府がちゃんとやっていたら、なにも自分が亡き夫の伝手を利用して野党外交ならぬ個人外交なんてすることなかった。北朝鮮問題の解決を売りにして地位を得ていながら責任を持った対応をしていない人、特に安倍氏のような人がいるからだとデビ婦人は言っていて、そこについてはそのとおりだろう。
 また、田原総一郎氏の問題になったテレビの発言も、外務省の某役人に直接聞いたというのは眉唾としても、そもそもアメリカが日本に配慮して対北朝鮮外交に猶予を与えてくれたのに、一年待ってもまるで日本の外交は進展がないから付合いきれなくなってしまったわけで、だから日本はアメリカを批判するより自らの失敗を反省すべきではないか、という指摘の部分に限っては、もっともだろう。
 なのに、日本政府は北朝鮮が悪いと相変わらず罵っているが、では、前は悪くないと思っていたのかというと、もちろんそうではなく前からさんざん悪いと言っていたわけで、だからどう対応するかが問題なのに、それがちゃんとできていなかったということだ。
 現在のこの事態について、安倍氏などは少しでも恥じ入っているのだろうか。あれほど気恥ずかしくなるような豪語の仕方をしていたのに成果が無いどころか中途で投げ出したのだから。
 そして今度は麻生総理が、核実験を行った北朝鮮と「われわれは戦うべき時は戦わなければならない。その覚悟を持たなければ国の安全なんか守れるはずはない」と演説。それならこれまでの自民党のお粗末と無責任の謝罪もするべきだろう。それを怠り政権交代となったが、新政権下ではどうなるのかしばらく様子見というところだろう。

人気ブログランキングへClick or Boogeyman!
[PR]
Commented by neutralizer at 2009-05-26 22:09 x
 所詮は内に閉じこもってるだけですからね、政治屋も官僚も。だから安倍氏のように大言壮語しても途中で責任放棄なんか出来るんですから。北朝鮮に限らず世界各国から馬鹿にされるだけですよ。(既にそうなってますけど…笑)
Commented by 日本は at 2009-05-27 01:33 x
馬鹿にされている・・・neutralizaerさんが仰るとおりだと思います。もうすでに相手にされていないのでは・・・イラク問題にしても、アメリカの機嫌を窺うばかりで、謝罪さえしていない。これでは拉致問題で、他国を味方につけることができるはずもない。自国の後始末もせず知らん振り・・・安部元総理もそれに習ったようです。
日本「自分のことは置いておいて・・・、拉致をなんとかしてくださいよ~」
性格の悪さがにじみ出ています。
北朝鮮も北朝鮮ですけれど。どんな意図があるのか。アメリカと秘密裏に取り引きがあるという話も聞きますし。
Commented by deep6 at 2009-05-27 01:48 x
北朝鮮の外相が、もしも安倍総理と同程度のお粗末な仕事をしたら死刑ですよ。
死刑制度がいいかどうかはともかく、国家の存亡にかかわる仕事するなら命がけで当たり前。
自民党には緊張感のかけらも無いから舐められっぱなし。


Commented by ruhiginoue at 2009-05-27 22:41
 あと、親の七光りでも、笹川良一の息子の良平氏が北朝鮮を仕事で訪問したとき、金日成が金正日を扱う態度は良一が良平を扱うのと同じだったので、正しく後継者養成していると評価してました。
 また金正日が金日成総合大学を優秀な成績で卒業したのは成績に下駄履かせたのではなく、旧ソ連から家庭教師を招くなど徹底的に勉強させていたからで、成績が良かったのはほんとうだったと外国人も証言してました。
 すくなくとも、幼稚園から大学まで成蹊とか、学習院出ていて漢字読み違えてばかりの人よりは、勉強していたようです。
 勉強がすべてではないけれと、しかし日本はこんな調子で大丈夫でしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-10-12 12:44 | 政治 | Comments(4)