コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

足利事件再審で刑執行停止だが

 足利事件は、証拠のDNA鑑定の誤りが明らかとなった。このため再審請求がなされ、これ対して検察が異義を唱えないことを表明した。これで再審開始が決定的となり、それは同時に、再審による無罪請求に検察も同意する予定であると言ったも同然であるわけで、よって受刑者の菅家氏の刑執行停止となり、釈放された。
 逮捕から17年である。報道されているとおり、菅家氏は釈放されて笑顔ではあるが、その容貌は経年による加齢および労苦によるやつれが見受けられる。このような被害を嘲笑して悦に入る者が居て、それはなんと自らも冤罪で逮捕されたという者だという話を以前にしたが、そのような感覚や、それを許容しているのが実は日本の人権擁護運動の実態であり、自分は公安事件で逮捕されたから他の冤罪被害者より偉いという態度の左翼崩れが幅を利かせ、まともなカウンター活動が存在しないから権力の暴走に歯止めがかからない。まったく惨憺たる実態である。
 このような人権侵害の問題に触れるたびに、日本に良識と常識を備えたまともな人権擁護運動を根付かせる必要性をますます痛感する。

 人気ブログランキングへクリックして投票を
 

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-06-04 19:23 | 司法 | Comments(0)