コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

可視化も必要だが

 足利事件の菅家氏は、警察の取り調べが一方的かつ暴力的だったことを証言し、可視化が必要だと述べたが、これには、防衛医大訴訟のさい警察が民事介入して暴力的に裁判の取り下げを迫られた経験者として賛同する。
 これについては別件裁判を起こして警官の政治的暴言の録音を証拠として提出しようとしたら拒否され、それでは法廷で再生しようとしたところ裁判官が無言で退席したうえ警備員を動員し法廷内の傍聴人まで強制排除しようとしたが、この秋山判事とは、取調中射殺事件や桶川女子大生ストーカー殺害事件で、一審が認めた警察の不祥事を強引に否定したことで悪名高い。
 だから可視化の重要性は身を以て必要性を感じているが、しかし、そもそも警察が暴力的な取り調べに及ぶのは、それが「やった者勝ち」「やり得」となるためだ。裁判で通用してしまうからだ。事件を早く解決しなければならないが証拠がなくて焦っているところへ、自白さえあればその内容が多少おかしくても裁判で有罪にできるのならば、いけないと思っている警官ですら、ついやってしまうはずだ。
 この問題については前にも指摘したが、東京の弁護士三会が、法曹先進国の北欧でも特に進んでいるデンマークの司法制度を調べ発表していて、デンマークでは警察の取り調べ調書がそのまま裁判で証拠採用されることはなく、法廷での尋問でないと証拠とならない。
 取り調べ調書は、法廷で尋問する予備の資料として位置づけられ、その内容を法廷で確認したうえ、警察の作った調書と法廷での尋問証言と一致すればよいが、食い違っていたら、それはなぜか、他の証人や物的証拠と照らしてどうか、などを裁判官と陪審員の前でやりとりされたうえで判断されるのである。
 だから、警察も調書を作ってからそれに被疑者の署名を求めはしない。あっても意味が無いから当然だ。もちろん、取り調べには必ず弁護士が立ち会わなければならない。弁護士は警官の尋問を途中で邪魔してはいけない。よほど非常識な問いつめ方があれば別だが。そして終わってから、確認とか訂正を求める。
 これなら、公正だし間違いはかなり防止できるはずである。
 ところが日本では、密室で複数の警官に取り囲まれ弁護士も立ち会わないまま作られた調書がそのまま裁判で採用されてしまう。これだけで「日本は先進国か」と諸外国から驚かれる。日本の司法は中国と北朝鮮とともにワーストスリーだとアメリカなどから言われる始末で、だからこれを口実にアメリカは、米兵が日本で犯罪をしても、日本の司法は信用できないから引き渡せないという。
 そして日本の刑事裁判では今なお自白が証拠の王様で、裁判官の多くは自白調書さえあれば、他に証言や物的証拠がなくても、あるいは、あってそれとつじつまが合わなくても、また調書内容自体に矛盾があっても、「自白調書には高度の信用性がある」「調書に間違いはあるが主要な部分は真実と認められる」という決まり文句で有罪にする。この決まり文句、今はパソコンに登録され、昔はハンコになっていたとまで言われている。
 こんな調子の裁判だから、当然に警察は自白調書さえ作ればいいと考えてしまい、「自白すれば釈放してやるがそれまで帰さない」という「人質司法」となり、もちろん誘導とか拷問もする。例の「踏み字」も同じ構造によるものだ。
 また、なにも訊かず勝手に作った調書に無理矢理サインさせることもあるし、どう脅しても署名しなければ数人で押さえつけて力ずくで拇印を押させたこともある。これに対して指を食いちぎって抵抗したおかげで難を逃れ無罪となった人までいる。
 つまり、警察の取り調べに問題がおきるのは、そもそも裁判制度に欠陥があるため不正のやり得となってしまっているからだ。まともな裁判になるよう制度を改めれば、せめて弁護士の立ち会い無く作られた調書をそのまま証拠採用してはならないという規定にすれば、自白強要事件も冤罪も大きく減少するはずだし、取り調べ室の録画と録音など無用ともいえる。

人気ブログランキングへクリックして投票をお願いします

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by masagata2004 at 2009-06-07 14:01
同感です。取調室には絶対に連れて行かれるなと元警察署長からきいたことがあります。防御の方法として、弁護士に会うまでは黙秘を通す、やったもやってないも言わない。まず、弁護士に会わせろと。

地位協定に関してですが、面白いことに日本以外の国では起訴後や判決後の引き渡しでも問題はないようです。というのは、基地の中の取り調べも外もやり方が変わらないから。NATOではそうです。日本が要求すべき改正事項は、環境基準や横田空域なんかです。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-07 18:48
 米軍の問題で言うと「えひめ丸事件」のとき、その遺族が、アメリカは軍の責任をちゃんと問えるのかと危惧する発言をしているのがテレビで放映されていたけれど、なぜ心配かというと「犯罪者の人権を守る国だから」というものでした。「軍など国の機関の責任をちゃんと追及できるのか」ではなかった。
 「犯罪者の人権を守る国」は「軍など国の機関の責任をちゃんと追及できる国」であるのに。
 犯罪者は権力に個人で対峙するから配慮が必要で、このことが同時に、権力が正しくふるわれるか監査されることになるのだけど、この当たり前の社会の仕組みが理解できてない人が多く、そんな人は単純に犯罪者を吊るし上げろと叫びながら、自分が犯罪者にされたり、運良くそうはならなくても、安い収入に高い税金で不満だらけでも文句の言い方がわからず、この中から、障害者やホームレスをいじめて八つ当たりする人も出るわけです。
Commented by nec at 2009-06-08 03:52 x
>日本の司法は中国と北朝鮮とともにワーストスリーだとアメリカなどから言われる始末

だけど、他のブログを見なさい。警察が捕まえたら犯罪者に決まっていると言う一方で中国と北朝鮮は悪い国だと言っているやつがいっぱい。脳味噌が足りなさすぎるから麻生を阿呆と気づかない。
Commented by Neutralizer at 2009-06-08 17:03 x
確かに我が国の司法制度は一度犯罪者を捕まえたら一貫してその容疑者を犯罪者とする傾向が強いです。これは我々日本人の気質に因を発します。我々は何かのことで善と悪は変わらないと見ます、つまり一度どちらかの面が表に出ていれば一生他人からその人の顔だと見られる、あるいは他人をそういう目でみるわけです。これはいくら司法を改革しても直りません。この気質を変えるには相当長い時間がかかると思います。
Commented by 白田川 一 at 2011-03-22 21:15 x
 警察組織による不当な取締りと不当逮捕は厄介ですが、それ以上にもっと厄介なのが(警察の報道発表から来る)マスメディアによる刑事事件の扇動的無責任報道です。冤罪であっても、報道発表及びそこから来る決め付け的な無責任報道が無ければ被疑者にかかる社会的ダメージもある程度皆無となりますが、それが改善されていないのが日本の現状といえます。
 少なくとも、個人単位での刑事事件を扱った報道を原則として禁止する体制を敷くのが順当ではないでしょうか。また、刑事事件の報道も被疑者が裁判にかけられて最初の判決が出た場合に限り、初めてこれを報道として取り扱うなりするべきです。不起訴処分の場合は当然のことながら報道として取り扱わない方向とすべきです。
 冤罪を防ぐにあたっては、亀井静香氏に最後の望みを託すより他は無いかもしれません。



 警察に通報又は告訴をするという行為は「悪魔に魂を売る」のと同じようなものであり、被疑者が冤罪となった場合は警察もマスメディアも通報・告訴をした輩も共々に流血的に断罪されるべきです!!(特に女子層のうちの、痴漢などの性犯罪冤罪を誘発させたりする輩となれば尚更)
Commented by ruhiginoue at 2011-03-23 20:13
 痴漢冤罪は、もともと警察が共産党を弾圧するために自作自演したのが始まりで、それで植草もと教授にも陰謀説が根強いのですけど、それについてはどうでしょうか。
Commented by 白田川 一 at 2011-03-23 21:25 x
>痴漢冤罪は、もともと警察が共産党を弾圧するために自作自演したのが始まりで…

 何故、それを知っているのでしょうか?出来たら、それに関する参考リンクを是非とも開示願いたいですね。
痴漢行為を誘発させかねない書籍・映像ソフトを発禁しないのも、警察による陰謀も大きいのでないかと勘繰りたくなるものが有りますが、ひどいことに創価公明とのつながりがある輩が警察・フェミ連中・マスメディアにて混じりこんでいるのが大きく陰を落としているのではないかと…。

 江戸時代の踏み絵や中国の文革の如き手厳しい思想弾圧をもって、警察・メディアを叩きのめしたり、自民や創価公明に媚売ったりするフェミ連中をことごとく諸兄にしたりするべき!!!

 もしくは、女子のうちの警察関係者や創価公明会員もしくはそのシンパについても、公開陵辱刑に処したりするべきであろう。でないと、無実の男性達が永遠に報われない!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-06-06 21:32 | 司法 | Comments(7)