コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『虎よ!虎よ!』か『刺青の男』か

 ベルギーの18歳の女性が、顔に星の刺青を3つのつもりが、寝ている間に56個も入れられてしまったそうだ。
 麻酔のため気づかなかったのか、刺青師が外国人だったため言葉の間違いか、それとも刺青師が抗弁するように、希望していたが後から心変わりして苦情を言い出したのか、真相は不明だが、取り除くには高額な料金と傷跡のリスクが伴う。
 まるでSF小説の『虎よ!虎よ!』か、ブラッドベリの『刺青の男』みたいな話だが、現在の技術ではQスイッチルビーレーザーが刺青除去にもっとも効果的で、完璧ではないが、かつてとは比較にならない進歩である。
 かつて自衛隊病院では、刺青の除去を熱心にやっていたそうだ。ポバイの腕にある錨の刺青のような水兵らしいものではなく、ヤクザっぽい刺青で、中には半分ヤクザになりかかっていた者もいて、そういう中から今後は真面目にやりそうで身体も丈夫だし頭も悪くないから入隊させてやろうとして、しかし刺青隊員は印象が悪いということだ。かつて陸上自衛隊員だった人から聞いた。『北斗の拳』の作者などが居た当時までのことだそうだ。
 そうした技術もすっかり廃れた。昔とちがって今は刺青してる奴なんて他が全部良くても入れてやらないし、手術じゃなくてもレーザーで除去できるようになったからだ。


人気ブログランキングへクリックお願いします

Excite エキサイト : コラムニュース
[PR]
Commented by レッド・フラッグ at 2009-06-17 14:53 x
タトゥーと呼ばれるようになってから趣がが変わりましたよね。
岩井俊二監督の「スワロウティル」に出てきた、蝶の刺青にあこがれる女の子も少なくなかったです。
しかし、この女性爆笑のあとにものすごい同情心が湧きました。
ジャン・リュックゴダールの「中国女」にモチーフとして使われるくらいじゃないと報われませんね。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-17 19:18
 蝶の刺青といえば「パピヨン」ことアンリ=シャリエールでしたが、女性むけがあるのですか。
Commented by レッド at 2009-06-17 22:05 x
舌がとぐろを巻いています。
あら?偽札に胸に蝶の刺青・・・類似点があって興味深いです。
男性むけがあるのですね(笑)もうぐるぐるです。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-17 22:38
 3つなど簡単なものならともかく、目立つ所それも顔に56個なら、同意書を取り交わすべきです。
Commented by レッド at 2009-06-17 22:54 x
星3つです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-06-17 07:08 | 国際 | Comments(5)