井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

また「身勝手」判決の岡山突き落とし事件

 岡山駅で08年3月、岡山県職員(当時38歳)が線路に突き落とされ死亡した事件で、殺人罪などに問われた大阪府大東市の少年(19)に求刑通り少年法の不定期刑で最高の懲役5年以上10年以下の判決だが、この理由に犯行動機が「身勝手」と、相変わらずの紋切り型である。これは判決文の常套句だ。
 そのため、滑稽なことになる。人生に絶望して刑務所に入りたいからと無関係な人を殺害したのは確かに身勝手だが、だから身勝手な希望のとおり刑務所に入れてやるということだ。
 前にも、人生に絶望したから自殺しようと考え死刑になろうと殺人事件を起こした犯人に、身勝手な犯行だから死刑と言う裁判があった。身勝手でケシカランからその身勝手に応えてやったという結果である。
 これは、わざと刑罰を受けようとして犯行に及ぶ者に、司法は対応できないということなのだ。
 また、この突き落とし事件の被害者は働き盛りで家族がいたから補償が必要だ。未成年者の犯行なら、未成熟な当人だけ責めるのは酷なので、罪は一部だけ問い、更生を促し、あとは親に賠償責任がある。ところが、その親に賠償能力があるくらいなら最初からこの事件は起きなかった。
 犯人の少年は、小学校と中学校でいじめに遭い暴力も受け生傷が絶えなかったが、高校に入ってからは勉強で努力し常に学校で上位の成績を修め、大学進学に希望を見出し立ち直っていた。志望は東京大学だったが、現役合格は無理そうで、また浪人することは経済的に問題があるので、他の国公立大に推薦入学すれば現役で学費割安な進学ができると高校で奨められていたが、父親から強引に進学を断念させられてしまう。失業して派遣社員に堕ちてしまい、お金が無いから行くなと言うのだ。
 子供の学費を工面するために恥を忍んで親戚や知人をかけずり回って平身低頭して借金する親は昔も今も居るし、大学では育英会とか経済的に成功した卒業生による奨学金もあるし、他にも色々と対策はあるはずだから、この点が不可解だと事件当時から言われて来たが、他所からではわからない事情があったのかもしれない。
 どうであれ、こんな親では、子供が起こした事件の被害を賠償しろと言っても不可能だ。「逆さまにして振っても鼻血も出ない」というやつだろう。子供を犯罪者に追いつめた原因が、子供が起こした犯罪の責任をとれない原因でもあるのだから。
 つまり、司法ができることには限界があり、起きてしまった犯罪について解決したり、その後に犯罪が起きないようにするなどの問題は、教育や福祉など他の分野で解決するしかないということだ。

人気ブログランキングへ一日一回クリックお願いします。  

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by Piichan at 2009-06-19 17:58 x
刑事裁判は更生を目的とする家庭裁判所の少年審判とはちがって、おかした罪に相応の刑罰をいいわたすことが目的なので非難しかできないのだとおもいます。

2ちゃんねる創設者の西村博之氏がいうところの、うしなうものが何もない「無敵の人」をうみださない社会にする必要があるのではないでしょうか。
Commented by 岩窟王 at 2009-06-20 06:20 x
非常にわかりやすい文章でよく理解できます。和歌山の毒入りカレー事件もなるほどと共感しながら読んでいます。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-20 07:58
 応報刑か教育刑か、学説では意見が分かれてますが、基本的に少年事件については教育刑で一致しているようです。
 どうであれ、後から何をしようと、起きてしまった事は元通りにはならず、被害者がいたら、とくに死亡とか障害は取り返しがつきません。
 司法関係者は、自分の守備範囲しか見ないのも、ある程度仕方ないけれど、世間一般は、それではいけないと思います。
 ところが、その世間一般が、けっこう情けない状態です。
Commented by そらこ at 2009-06-21 16:41 x
ここまでひどくはなかったのでしょうけど、同じように大学にいけなくて悔しい思いをしたので自分ももしやという思いはぬぐえません。
Commented at 2009-06-21 16:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-21 17:31
 進学と家庭の事情について「負けずに頑張るべきだ」と軽々しく言う人がいますが、頑張ったら頑張ったでまた嫌なことを言われるものです。
 私も学費で悩んでいた時に、援助してやってもいいから詳しいことを聴かせてくれと言った人がいて、プライバシーを根掘り葉掘り訊くので、不信感はもったけれど切羽詰まっていたから藁にもすがる気持ちで話したら、面白そうに聴ききながらニタニタしはじめて、あげくに最初から援助なんてしてやる気はなかったと嘲笑しました。その人は当時お金はけっこう持っていたし、分別ある年齢の人だったのですが。
 
Commented by そらこ at 2009-06-21 19:15 x
負けずに頑張った人をもっと評価するべきだと思うのですが、そうではないのが当たり前なのが現状ですよね。
だから、被害者側にのみスポットが当てられる。それすらもまともに機能しているとは思えないのですが。加害者の犯した行為に同情はしませんけれど、それならどうすればよかったんだと時間を割ける
世の中であってほしいです。
それにしても、その人の性格の捻じ曲がり具合は、まるで何かに復讐してるみたいですね。とばっちりです。ひどすぎ。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-21 19:33
 覗き趣味と、あとは、自分の子供が劣等生だとか、金ばかりかかる学校へ行って遊んでばかりで面白くない、などの八つ当たりをしていることが多いようです。
Commented at 2009-06-21 19:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-21 19:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-06-18 06:59 | 司法 | Comments(10)