コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

橋下氏、二審で減額つぎは最高裁で逆転勝訴か

 橋下氏が、テレビでデタラメな懲戒請求を呼びかけたことで訴えられ、一審で敗訴して賠償命令が言い渡されていたが、間違ったことを言ったと謝罪しながら控訴し、二審でも敗訴したものの、賠償額は減らされた。懲戒請求についてデタラメを言ったことは追認したが、名誉毀損ではないということだ。
 これは、名誉毀損に該当する虚偽の事実を述べたというのではなく、論評したということだから、それなら間違っていても名誉毀損に限っては該当しないということなら、いちおうは理屈が通る。ただ、批判するにしては下品で不穏当な言葉で罵っているのだから、侮辱罪に該当するはずだ。
 また、不十分な情報に基づいて述べたことをに気づいてテレビ局側に削除を求めたのにテレビ局が放送してしまったとも聞くから、その点では気の毒ではある。ただし、もとは自分の落ち度であることは変わりないと彼も思って謝罪したのではあろうが。そうすると、この番組『たかじんのそこまで言って委員会』は、前にも実名を出して間違ったことを言い個人を誹謗した出演者の発言を、録画番組であり編集してから放送してるのに、問題の箇所をそのまま流してしまい訴えられて、テレビ局側が慰謝料を支払った事があるから、ずいぶんといいかげんな製作姿勢だ。
 このあとは「三審制」と彼も言うからには最高裁に行くだろうし、そうしたら逆転勝訴もあるだろう。日本の司法官僚制度は、権力に媚びて弱い者イジメする破廉恥な判決をどれだけ厚顔にやるかで出世していくのは周知のこと。だから地裁から高裁さらに最高裁と行くにつれて、その傾向が明白になることも言うまでもないこと。
 しかし、弁護士のくせに弁護士についての制度で間違ったことを言ったために他の弁護士に迷惑をかけたという点は、どんなに強引にやっても否定はしにくいだろうが、この点は最高裁のお手並みと鈍感力を拝見するとしよう。
 やや余談になるが、この光市の事件は、弁護側はどうして「母親を失って母性回帰」云々などと小難しい主張の仕方を、学者の鑑定意見そのままで言ったのかは疑問だ。もっと判りやすく言えばいい。
 この事件の犯人は父親の暴行により母親が死んでいて、自身も幼少から事件を起こす前々日まで父親から暴行を受け続けて気絶するわ鼓膜が破れるわで、しかも母親が目の前で死んだため、脳への物理的な衝撃と精神的な打撃の両方を繰り返し受けて頭がおかしくなってしまった、と言うべきではなかったか。
 もともと、普通に生活して学校にも行き、やっとこさ高校まで出はしたが(その直後の犯行)、その一方で、奇妙な言動が目立ち、近所の人たちも、家庭の問題大ありの実態を知っていたため、あの子は頭がおかしくなったのではないかと心配していた。実際に、あの事件の異様さは、まともな頭をしていたら不可能だ。そして、「父親があれでは」とみんな言っていたことを地元紙が報じているし、しかし事件後その父親がテレビのインタビューで自分には関係ないと言わんばかりのひどい態度だったから、見た人たちは一様に呆れかえっており、「池田小事件の犯人の親父もひどかったが、それを上回る」と言われたものだった。
 だから、犯人はむしろ気の毒なので無期懲役として長い時間をかけて医療刑務所に入れて治療しながら償わせて、できることなら親父の方を死刑にしたほうがいいと言われてもいる。
 ただ、父親を死刑には法律上できなくても、未成年者の犯行なうえ原因も直接的に作っている親なので賠償責任は今の法制度でもあるのだが、ところが、団地住まいしている低所得者なので賠償能力が無い。賠償能力があるくらいなら、最初から事件が起きなかったかもしれない。岡山駅突き落とし事件と同じである。他の事情もあるが特に貧しい場合、抑圧された感覚を常に持っている親は、手っ取り早く八つ当たりできる家族に、特におとなしい配偶者や弱い子供に当たる。
 それはアリス=ウォーカーのピューリッツアー賞小説『カラーパープル』(スピルバーグ監督の映画化も有名)が描くアメリカの黒人家庭では人種差別のはけ口としてのDVがあるのと同様だ。先頃亡くなったマイケル=ジャクソンの整形手術は、父親に似ているのが嫌だったからだと言っていたが、彼の父も、そんな貧困黒人家庭の横柄な亭主だったそうだ。
 アリス=ウォーカーはDVのため子供の頃に片眼を失明しているが、「視力の代わりに洞察力を得た」と言っていた。みんながそうであればいいのだが、なかなかそうはいかないものだ。

人気ブログランキングへよろしくお願いします
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by PCB at 2009-07-03 13:11 x
防衛医大教授のこともあるから、最高裁は偏向するとみたほうが現実的だろうな。
しかし大人に甘くて子供に厳しい社会なんて情けないぞ。
by ruhiginoue | 2009-07-02 15:23 | 司法 | Comments(1)