井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

国旗・国歌は問題点の整理をして論じるべきだ

 もともと愛国心とは、「ならず者の最後の砦」というけれど、故郷への愛着や属している社会への責任を政治的な忠誠にすり替えていたり、その忠誠も普遍的な国ではなくたまたま実権を握っている勢力への服従でしかなく、私的な利権を公益にすりかえているばかりだから、要注意だ。
 しかし、それとは別に、埼玉は「保守王国」だが、それにしても上田清司知事の発言はひどいものだった。1日の県議会で、県立学校の式典で国歌斉唱時に起立しない教員について「教員が模範にならないようでは、どうにもならない。国旗、国歌が嫌いな教員は辞めるしかないんじゃないか」「自国を愛せない人は他国でも尊敬されない。国旗を掲げ国歌を歌うのは当然だ」などと発言したそうだが、どちらの意見に賛成かではなく、意見について問題の建て方がなっていない。
 嫌でも国に決められたことに従えというのと、嫌なことに従いたくないのは愛国心が無いと決めつけるのとは、全く別。国旗・国歌なんて学校では不要という考えもあるし、国旗・国歌と決められていても、日の丸・君が代は認められないという人もいる。
 外国の例で言うと、実に色々である。
 アメリカ国歌は大財閥のモルガン一族の歌だから作り直すべきという人など少数派がいるし、強制されない自由があるからアメリカは好きだという人がいて、国旗を踏んづけても罰せられない国だから命を捧げてもいいとまで言う人がいる。また、それを否定したら「星条旗の価値を貶める」という判例もある。
 フランスには、三色旗とラ・マルセイユーズ自体に反対する人がいるし、反対ではないし誇りに思うが、それゆえ愛し方やその表現方法を強制されるのは反対だと言う人もいるし、一カ所に集められて国旗を仰がされ国歌を唄わされたり聞かされたのするのはフランス人が大好きな個人主義に反すると言う人もいる。
 ロシアでは、テトリスのテーマとしても知られる公募によって決められた国歌だが、ソ連時代のものなので反対する人がいて、エリツィンもと大統領も反対していたし、世界的に著名な音楽家ロストボロービッチ氏は「とても起立して唄う気にはなれません」と強い調子で言っていた。
 オーストラリアでは、現在は折衷案が採用されているが、長い間にわたり英連邦所属派と独立派との間で、英国歌『ゴッド・セーブ・ザ・クイーン』にするか、国民的愛唱歌『ワルツイング・マチルダ』にするかで、どちらの勢力が優勢になるか選挙のたびに国歌が変わるので、国際オリンピック委員会などがセレモニーについて「今回はどちらにしますか」とお伺いをたてていた。
 他にもいちいち挙げていたらきりがないのだが、誰の何をどう批判しようとそれ自体は結構だが、ちゃんと問題点は区別しないといけない。
 埼玉県知事もひどいが、そうなる原因の一つが、反対している人たちの中に、問題点をちゃんと整理できないで独りよがりで騒いでいる人たちがいる。これについては、日の丸君が代の裁判で、前に述べたとおりであるが、前にこの問題に関心がある人に指摘を受けたが、そういう独りよがり敗訴派は、日教組崩れのもと県立高校教師の佐高信(現・週刊金曜日発行人)の支持する勢力だそうだ。

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします






Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by そらこ at 2009-07-02 20:54 x
テトリスなんですか(笑)
むずかしいことはわかりません。
でも身近に自分が正義であると信じて疑わないし、他人が自分とは違うんだということを理解できてない人がいて、その人国家も「意味が分かって歌っているのか。」といつも言っていました。
私自身は国歌と日の丸が必要かと問われれば、必要ではないと答えますが、ひとにその考えを強要しようとは思いません。
Commented by MJ at 2009-07-02 21:49 x
テトリスとソ連国歌のことはこのブログで先月に言ってたらから6月の所をクリックしてエントリー一覧の「テトリス」の所を参照すればいいですよ。
Commented by そらこ at 2009-07-02 22:45 x
MJさんありがとうございます。
ソ連国家聴きたさにはまってしまうところでした。
ハマッても知りませんと注意書きがあるのでやめておきます(笑)
Commented by ruhiginoue at 2009-07-03 09:02
 リンクしておきましたが、ここではゲーセンのとはちがい国歌吹奏はありません。
 プーチン大統領(現首相)が、「もともと自分たちには力があったと国民に自覚させたい」と言って一時使われなくなっていた国歌を復活させ、反対も強かったけど国民の多くは「聴くと誇りで胸がいっぱいになる」と賛成しました。オリンピックでアメリカとどちらが多く鳴り響くか競っていた時代を懐かしんでいるわけですが、しかしその時代は一方で宇宙開発費や軍事費が優先で、氷点下に行列して食材を買い物し、それにみんな文句を言っていたけれど「防衛費を減らすべきだ」と言ったらプーチンさんの元勤務先(KGB)にしょっ引いて行かれたはずでしたが、良いところだけ憶えていて悪いところは忘却という国民が多く権力者ばかりのせいではないというのは世界共通です。
Commented by そらこ at 2009-07-03 12:11 x
すぐに政治家1人に責任転嫁しがちでは。自らの思想や行動に責任を持つためのヒントのようなものは、いくらでも掘り出せるような・・・。例えば映画からでも。
あれ?
これでは「漫画から・・・」といった人と同じように言われてしまいますね(笑)
Commented by ケーキイーター at 2009-07-03 18:24 x
口をぱくぱく開けて「たーんたーんたーぬきーの…」と歌ってればいいんでしょ。この知事さんならあっさり騙せるんじゃないかな。他に、木の葉を出して一万円札と思わせる効用もある。馬鹿にできないぜ、狸の化け学。
まず、無理か…。
Commented by とよひと at 2009-07-03 20:58 x
無理でしょう。録音して調べたりまでしている。
ここまで来ると異常だけどギャグだね。
そんなことしないといけない歌なんだと思われるだけ。
知事なんてお笑いタレントばかりだからしょうがないか。
Commented by ruhiginoue at 2009-07-04 09:33
 不景気になるほど強制が露骨になっているから、つまり日本はもう終わってしまったと悟った政治家たちが、焦って引き締めにかかっているのでしょう。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-07-02 16:35 | 社会 | Comments(8)