コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

内容的には焚書をしろという答弁だ

 児童ポルノ規制法改正で、提案者の葉梨康弘議員は、宮沢りえさんの写真集を1年以内に廃棄しろと発言したと一部の新聞が誤報したと主張し、自らは見ていないため児童ポルノか判断できず、「そんな直截的な答弁は行っていない」と反論したうえ、新聞やネット上の情報については、「誤解による決めつけ」としている。
 しかし、宮沢りえ写真集を例に出して過去の出版物はどうかと質問されて、そうかもしれない物は廃棄して当然であり、法案は一年間の猶予があるようになっていると答弁したのだから、内容的には言ったことになる。これについてはこちらを参照
 そもそも、定義が曖昧という問題もあるが、それ以前に、単純所持が犯罪とされることに危険がある。それだと、疑わしいから家宅捜索ができて、自作自演で陥れることもできるし、そこまではしなくても、引っかき回されて仕事にも生活にも支障を来すように嫌がらせが出来てしまう。
 現に、警察の不祥事などを告発した本や雑誌に対する報復として警察がデタラメな口実を作って出版社にガサ入れすることが、昔から横行している。それに抗議したら「コーボー」(公務執行妨害の略)と叫んで逮捕。こういう手口を常套手段としていることは昔から日本の警察は悪名高い。つい去年も「麻生邸見学」の事件があったではないか。



 この法案推進の側は、サミット参加国で単純所持規制がないのは日本とロシアだけだと言っているが、それでいいのだ。特高警察とKGBの伝統を今も引きずる危ない体質の国だから。


人気ブログランキングへ 


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by 夜間二部 at 2009-07-04 10:28 x
国内のテレビでは警察の発表を一方的に垂れ流し、現場の映像と音声は外国の動画サイトで見るしかない。
映っていたのはどう見ても渋谷だが、もしかして平壌に似たような所があるのだろうか。でも、みんな日本語しゃべっていたし、警官の制服も日本の。
Commented by 隻翼隼 at 2009-07-04 12:27 x
親の立場から規制強化を訴えている人たちは次の三点で間違っている。
 
子供を守るのはもともと親の勤めであることを忘れてお上頼みしている。

子供を本当の意味で大切にする社会的な意識を市民から高めていこうという意識がないので、一部の悪い大人を取り締まりさえすればいい、くらいにしか思っていない。

権力が勝手なことをしている社会で育ってからそんな社会に出ていく子供たちは可哀想だということが解ってない。
Commented by 陸郎 at 2009-07-04 14:03 x
ttp://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/04e4751d560853e576c8d69637edf57f
頭にh付けて
国会のやりとりが動画付きであるお
Commented by そらこ at 2009-07-04 21:52 x
音楽でも昔を懐かしがってるから、政治でも・・・。
戦前だと戻りすぎですよね(笑)?
家庭で子供を守れていない社会なのは個人と社会両方に責任があって、それを押し付けあってると思います。
アグネス・チャンさんの感情はよくわかりますけど問題がずれていないと錯覚を起こすような映像でした。
>それでいいのだ・・・それでいいのだと思います。

Commented by masagata2004 at 2009-07-05 10:27
アメリカでも、乱用のケースはあり、自殺者がでたりしたとか。映画にもなっています。それに、何というか、日本の性文化を理解してない部分があり何とも承諾できないところが。児童の被害者が出るのはあってはならないことですけど。
Commented by ruhiginoue at 2009-07-05 12:10
 児童虐待の一種として児童ポルノがあり、その危険を冒してまで未成年者の裸を撮る意義はないはずだ、というアグネスさんの言うことは間違ってないけど、それなら、今の法律でも製造と販売は禁じられています。
 しかし個人的にただ所有していることまて犯罪とすべきかの議論ですから、そらこさんのご指摘のとおりアグネスさんは問題がずれていますよね。
 あと、製造販売は悪いことして儲けようということだから犯罪にして当然だけど、趣味の所有と鑑賞は、良くない事としても犯罪でしょうか。心の病でしょう。現にそういう趣味の人は、自身が子供の頃に衝撃的な体験をしたり、虐待を受けた人で、大人になったら仕返しするとか、きっと子供を虐めたら楽しいから大きくなったら自分もやろう、などと心の底で思っていたのが原因です。
 そこで、アメリカでも、そう言う人が犯罪をしたら、精神科の治療やカウンセリングとかセラピーを受けることで刑罰は免除するようにもなっています。この点で遅れている日本が、刑罰だけ模倣するのは「つまみ食い」です。
Commented by ruhiginoue at 2009-07-05 12:22
  性文化の差については、鹿鳴館のように模倣しているところがありますね。
 ヨーロッパで自分の姿をとにかく見せないようにして気取る貴族文化の影響から、黒船でやって来た連中が露天風呂を野蛮呼ばわりするなどの悪影響もあったということを月刊『紙の爆弾』誌上で佐藤雅彦氏が指摘してます。
 この佐藤氏はCM作っている人とは同姓同名の別人で、masagata2004さんの同業者のほうの人です。

 あと、もしもこの法案が通ったら、みんなで宮沢りえの写真集などを古本屋で買いあさり、何百人何千人で一斉に「摘発しろ」と声を上げ、かつて大島渚が三一書房と一緒に「猥褻なぜ悪い」とやったようにして法廷で騒ごうじゃないかと相談しています。
Commented by T at 2009-07-05 19:11 x
源氏物語で、貴族に手込めにされる、お姫様たちは、ローティーンですね。うちにも、一冊あります。
Commented by 夜間二部 at 2009-07-05 21:43 x
>大島渚が三一書房と

これは映画「愛のコリーダ」のシナリオにスチール写真が載ったもの。
裁判で証人に出たとき摘発した警察官ですら「一般的に流通している大人向けの本より刺激が少ない」と認める証言をした。
つまり嫌がらせだった。三一書房は新左翼系だから攻撃したところ逆に甘く見ていた警察が猛反撃食らった。映画はヨーロッパで芸術として認められていて外圧も応援になった。

もう出た話だが映画「黒い雪」はポルノの形をとりながら日本の伝統芸能を紹介した芸術作品。同時に、米兵によって日本女性が手込めなどの場面があって基地問題を告発している社会派作品。つまり愛国的な内容。
ところが当局が猥褻として摘発。監督は後に自民党から選挙に出ないかと誘われた政治的には保守派。
しかしアメリカ批判の内容で米軍基地前でゲリラロケもしてる。これでアメリカが怒り圧力をかけてきた。
つまり政治的な弾圧のため猥褻を利用することは昔からされてきたこと。
今回の法案も臭う。


Commented by ケーキイーター at 2009-07-08 14:31 x
 性教育の本(つまりは医学書全体、大真面目に)や赤ちゃん用の紙おむつのテレビCMに関してはどう言い訳するつもりだったんでしょうね。
Commented by bergkatze at 2009-07-11 15:28 x
よく写真屋さんの店頭に、かわいい赤ちゃんが裸で座ってる写真とか、学校上がった記念に制服来た小学生や中学生の写真とか飾ってあります。
大多数の人は「かわいいねー」「もうこんなに大きくなったんやね」ですみますが、そういうのにすら欲情する人が居るんだから、単純所持を違法とするのは、何かにつけて取り締まる口実をとりあえず作っとこうという魂胆にしか見えません。
それにしても、写真屋さんも少なくなったなぁ
by ruhiginoue | 2009-07-04 09:53 | 政治 | Comments(11)