井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

ユーリだから有利だった

 訓練中の墜落事故で亡くなった人類初の宇宙飛行士ユーリ=ガガーリンだが、宇宙飛行では見事な判断で生還している。帰還不能で死亡ではないかと思われ、その前に階級特進させたが、彼の咄嗟の判断により、衝撃により壊れたらしく着陸艇の切り離しが出来なくなっていたけれど、大気との摩擦熱により、焼き切れて分離できるのと、自分が焼け死んでしまうまでの間とを冷静に見極め、着陸に成功した。
 そんな彼にあやかろうと、ロシアの宇宙飛行士は墓参りするのだが、そうした能力を特に見いだされ買われたのではなく、ガガーリンが選ばれたのは、健康と体力に問題がないうえ、たいへん小柄だったので狭い操縦室に有利とみられたかららしい。
 そして名前がユーリだから有利になったとも言われる。ユーリはイワンなどと同様にロシアの代表的な名前だから、「人類初の宇宙飛行士はユーリ=ガガーリン」というだけで、それはただちにロシア人だということになる。
 アメリカでも、アームストロング船長なんて、名前で選ばれたような印象だ。そしてソ連アメリカに次いで自前で有人飛行を実行したと大はしゃぎの中国でも、名前で選ばれたのではないかと冗談で言われていて,ほんとうにシャレだったのかどうか、初飛行した神舟五号の飛行士は楊利威という人だった。三国史を宇宙SFにした『銀河英雄伝説の』ヤン=ウェンリーは中国語訳で楊威利と漢字が当てられている。
 おもしろい話である。
 
人気ブログランキングへ 
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-12-04 06:32 | 国際 | Comments(0)