井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

広島・長崎とウクライナ

 ウクライナは、日本の非核三原則を見習って非核政策をとった。それはあのチェルノブイリ原発事故が影響している。
 事故のあと、被曝の被害に対して医薬品など莫大な費用が必要だったが、当時のソビエト連邦政府は援助してくれなかった。非常事態だが、そんな辺地のためにかけるにしては予算が大きすぎると言うのだ。
 では、もっと富裕な西ヨーロッパやアメリカなら援助できそうだ。けれど、ほとんど何もしてくれなかった。
 絶望的だったが、そのとき高価な医薬品など救援物資が送られて来た。日本からだった。しかし政府ではない。一般市民が、募金をするなどして調達したものだった。放射線障害治療の知識と経験のある医師も派遣されて来た。
 そして、その市民とは広島と長崎の人たちだった。
 感動したウクライナの人たちは、これをきっかけに日本を見習うことにした。
 しかし一方では、これに反対する人たちがいた。かつてナチスドイツが攻めて来たときのことを持ち出して、戦後は外国に攻撃される心配はこれっぽっちも無く、なぜなら軍事大国ソ連の一員だったので核の傘に守られていたと言うのだった。
 麻生総理が広島平和式典後の会見で、米国の核の傘が抑止力として必要だと発言し、これを広島市長が批判した。より良くする努力もしないで現状を正当化するのは指導者のすることではないという趣旨だった。
 それで、ウクライナ救援のことを思い出した。ウクライナにも麻生総理と同じ考えの人がいる。しかし日本政府と違い広島・長崎の市民は、まず可能な努力をして、外国から理解を得た。この差は大きい。

 人気ブログランキングへ
 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by ikkei at 2009-08-14 22:46 x
以下の情報がありましたので、ご報告します。

原子力資料情報室_核不拡散・核廃絶
____________________
「憂慮する科学者同盟(UCS)」グレゴリ・クラキ氏のアピール

日本の皆さんが知らなければならない重要なことがあります。
それは、日本の外務省や防衛省で外交安保にかかわる官僚たちが、米国のカウンターパートに対し「日本政府は米核政策の転換に反対だ」と訴えているとう事実です。
米核政策の転換は、プラハ演説でオバマ大統領が述べたビジョンの実現に不可欠です。もしオバマ大統領がプラハで訴えた米核政策の転換というビジョンが人類の歴史上で唯一、核攻撃の犠牲となった政府の反対で打ち砕かれるとしたら、それはまさに皮肉であり悲劇にほかなりません。
____________________

Commented by ruhiginoue at 2009-08-15 14:32
 核攻撃により完敗となり、完全服従の政府とは情けない話です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-08-14 21:01 | 国際 | Comments(2)