コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

税金の無駄遣い自衛艦派遣

f0133526_0504030.jpg

 こんなポンコツ小舟に乗った海賊どもを威嚇するために、全長151メートル、全幅17.4メートル、127ミリ砲1門、対艦ミサイル発射装置、対艦誘導ミサイル4連発射筒2基、対空防衛システム2基、3連魚雷発射管2基、対空防衛システムC1WS2基を装備した「さざなみ」ら二隻を派遣していた。
f0133526_0281448.jpg

 米軍に協力する遠征の露払いという政治的な意図が背景にあり、これに関してはあくまで政治の問題で海上自衛隊に責任は無いが、現場の指揮官は「緊迫感は想像を超えた」と、巨大艦で小舟を相手にして言い、そのうえ防衛省のホームページでは、こんな写真を掲載して、宣伝のためとはいえ恥ずかしくないのだろうか。
f0133526_029964.jpg

 横断幕をやらされた人はもちろんだが、むしろ艦の乗組員たちが気の毒に思えて来る。
 写真のうち、下の二つは防衛省のサイトに載っていたのだが、一番上は同サイトでは見当たらなかったので、これを問題としている弁護士にもらったもの。
 これが怖い海賊どもだという写真は、防衛省のサイトを見回ったけれど見つけられなかった。意図して掲載してないのか。どうどうと掲載し、この船に対抗してこの船を出し、相当の理由があると説明するべきではないか。
 そうしないのは、なぜか。国中が貧乏ゆえに犯罪に走った人たちを、自衛の範囲を遥かに超えて国力を見せ威圧するつもりであると思われたら困るのか。
 これが一国だけでやることなら、とりあえず犯罪から自衛しなければならないので仕方なく、ただし必要な範囲を超えては無駄だ、という問題だけである。けれど、国際的な協力を言うなら、世界規模の貧困対策により犯罪を根絶するのが筋である。でないと、強者が集団で弱者を押さえ込んでいることになり、それゆえ武力とその威嚇が過大になったのだ、との意味合いが生じてしまう。そうなると、海賊よりも軍艦を派遣している国々のほうが大きな犯罪をしてることになってしまう。
 なのに、「観閲式」と称する血税三億円を使っての伝統的自衛隊見せびらかし(映画『沈黙の戦艦』で、海軍のパレードにスチーブン=セガールの元コマンド兵が「アホどもめ、税金の無駄づかいしやがって」と吐き捨てるのを連想するが)に参加乗艦した菅副総理は、派遣が国際社会から感謝されていると述べた。そう述べざるを得ない立場と事情は理解するとしても、誰がどのような筋からどう感謝しているのか、副総理もわかっていないのは問題だ。
 この種の感謝とは、追いつめて依存を強いてのことである。今回も相変わらずである。権力の手口は常にそうだから要注意だが、日本の場合はとくに自衛隊関係が露骨かつ空々しい。このような偽善は、もう辟易である。

人気ブログランキングへというわけでクリックを
[PR]
Commented by おきるぽ at 2009-10-28 06:38 x
「小説」とは「物語」であって「御託」ではないな。
Commented by masagata2004 at 2009-10-28 10:58
読んでもないのに、なぜそういう決めつけを?
Commented by ねるぽ at 2009-10-29 02:37 x
読んでもいないのに、と、なぜそういう決めつけを?
Commented by ruhiginoue at 2009-10-31 09:20
 同じ市民を「上から目線」で描いても小説は成立しません。
Commented by masagata2004 at 2009-10-31 23:44
読んでくださったのですね。ちなみに使っているパソコンはマックですか?
Commented by ruhiginoue at 2009-11-01 00:28
 両方です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-10-26 00:40 | 政治 | Comments(6)