井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

銀座ファースト法律事務所長の田中清弁護士の虚偽

防衛医大伊藤講師の代理人であった銀座ファースト法律事務所弁護士田中清は、その事務所ホームページに「井上静事件」として以下のように記述しているので、抗議した。
 
 「井上静氏は、自己の請求をいずれも棄却されたことから、その腹いせに、ホームページ等で、田中清弁護士外1名を誹謗中傷する書込みを継続しているものです。」

 これは重大な点が欠落している。
 まず、防衛医大医療裁判では、井上静の全面的勝訴であり、防衛医大は異例の控訴断念となり、一審で結審している。
 井上静の請求は認められているし、判決では、判断を避けた部分の他は原告井上の訴えがすべて認められ、被告防衛医大(代理人・田中清)の主張は、まったく認められていない。これは当然と言える。なぜなら田中清弁護士は、原告井上に対して中傷誹謗ばかりで、まともに立証していなかったのだから。医学論文や医学文献の症例でデタラメな提出をし、第三者の専門医に鑑定や証言など確認を求めることもせず、必要ないとまで言った。
 一方、原告の側は、大学病院を含む複数の公的な医療機関の診断書の提出や、防衛医大卒の医師による証言も得ており、大学教授ら専門医の客観的な鑑定も申請していた。
 ところが田中清弁護士は、防衛医大の自称専門医が言えば直ちに正しいので鑑定は不要といい、鑑定は負けると覚悟した原告が裁判を引き延ばそうとしているなどと非常識な主張をし、それに基づいて原告に侮辱的なFAXを送信までして来た。
 その一方で、銀座ファースト法律事務所の田中清弁護士ら(他一名とは部下の井上朗弁護士。後にアンターソン毛利友常法律事務所へ転勤)は、防衛医大医療裁判の最中に原告井上静を虚偽告訴する悪辣な妨害をした。法廷で非常識な弁論をしながら、犯罪に該当する裏工作をしていたのだ。
 なんと、原告が被告医師の加害行為の事実をホームページで訴えたことを「ストーカー事件」であると告訴状に記載した。ストーカーとは桶川女子大生殺害事件をきっかけにできた法律で「恋愛など行為の感情およびそれが満たされない不満の感情によるつきまとい」と定義されているので、該当しないことは明らかである。
 ところが田中・井上連名の告訴状では、恋愛がらみで女性の逮捕者がすでに出ているなどとしたうえ、逮捕のうえマスコミ報道させ「一罰百戒」とさせよと要求した。これでは国家賠償訴訟を起こしたら逮捕されるという見せしめにせよと言うも同然である。しかも医療過誤被害者は身体が傷ついているから、そこで拘禁されるなどしたら命にかかわる。現実に、逮捕されて持病の薬が飲めなくなって死んだ人もいて、問題になっている。それを弁護士が訴訟の相手方に求めたのではテロも同然ではないか。
 これは、ただ法の解釈を間違えたのであったとしても弁護士として恥ずかしいことである(田中清弁護士は京大卒の元高裁判事、井上朗弁護士は中大法学部で法学博士号取得、それぞれホームページで自慢している)が、それだけではなく、好意の感情という適応条件は政治的その他に利用されないようにとの配慮から制限されたものであるから、その法で戒められた濫用を弁護士が警察に求めたことになるので、より悪質である。
 このことについて懲戒請求がなされ、田中らは「ストーカー的と言っただけ」と弁解したが、それが嘘であることは告訴状の強調された文言を読めば明らかだし、もし弁解のとおりなら法律に基づかず逮捕せよという文章を弁護士が警察に提出したことになる。
 この呆れた弁護士たちを、東京弁護士会は懲戒しないと議決したが、これは請求内容についてまったく審査せず、ただ懲戒しないという不正な議決であったため、その不正について井上静が東京弁護士会を民事で訴えたところ、東京高等裁判所が、損害賠償は棄却したものの、請求内容を審査せずに懲戒しないとの議決をしたと認定している。
 そのように、裁判所ですら認めた不正の事実があったので、そこを問題としているのだが、その点を欠落させて、請求が認められなかったという結論部分だけ取り出して、腹いせに誹謗中傷していることにしているのが、銀座ファースト法律事務所長の田中清弁護士なのである。これは「腹いせ」ではなく、明確な犯罪の告発であり、社会的な問題である。
 他にも、田中らの虚偽について、間違っているが手続き上訂正できないだけであることを、別件裁判で指摘されているが、この点について田中らは隠して、自分たちが全面的勝訴したと述べている。
 そもそも、田中弁護士はなぜか当方のサイト内容を前提として記述する体裁となっているのだから、それなら具体的な反論をするべきである。そうしないでただ誹謗中傷というのだから、その非難は無根拠ということになる。したがって誹謗中傷しているのは田中弁護士の方である。
 そこで、銀座ファースト法律事務所に対して、抗議文を送付した。他にも訴訟への捏造証拠提出問題など、田中清弁護士がとぼけている問題が大量にある。
 例えば,以前こちらのホームページに仮処分が認められた言うが、それはこちらのホームページとは無関係の無料サイト上の話で、しかも、金を積めば一方的な主張だけで認められる制度を田中弁護士が悪用したものであるし、次にもう一度あった仮処分は和解になったと言うが、これはホームページが存在しないからであった。
 そして、名誉毀損と認められたとも言うが、医療ミスをした事実を明らかにすれば医師にとって名誉を毀損されるに決まっており,しかし公務員が公務としてなした行為であるから、その事実を明らかにしても違法ではない。つまり田中弁護士の言うことはデタラメである。
 さらに問題なのは、田中弁護士と井上朗弁護士の、その後の態度である。二人は伊藤嘉恭防衛医大講師から依頼されて、井上静の言うことはすべて根拠を欠く虚偽であると主張し続けていたのに、判決では真実であると複数回認定されている。にもかかわらず、田中清と井上朗の両弁護士は、自分の主張を裁判で否定され、井上静の言うことこそ真実であると認定されているのに、井上静は嘘つきであるとか虚言癖があるなどと公の場で言いふらすことを止めなかったことだ。虚言癖があるとしたら、各学会で評判が悪いのに虚偽の実績を飾り立てる自称日本一の権威者・伊藤嘉恭防衛医大講師と、それに雇われた田中清と井上朗の両弁護士であろう。

その後の東京弁護士会と日本弁護士連合会の醜い庇立てについて 
[PR]
Commented at 2011-09-12 09:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-08-31 00:42 | 司法 | Comments(1)