井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

HIVに肝炎に新型インフルエンザ

 輸血によって新型インフルエンザ感染の危険が指摘され、欧州の一部で導入されている献血中のウイルスを殺す不活化技術を、日本も使うべきだと言う専門家もいる。
 なんと日本は献血者の自己申告に頼っているというのだから呆れるが、HIVに肝炎にと問題を起こして来ながらこれなのだから、日本の医療と厚生は破滅的だ。
 この危険とはニアミスであった自分を、いろいろな医師から指摘された。防衛医大の手術の時期は、とくに危険な時期だったからだ。
 もともと輸血はリスクが伴い、感染は無くても命にかかわる危険をある程度は覚悟しなければならないので,輸血をするのは余程の事である。ところが防衛医大では不必要な手術をし、そのさい大量出血が考えられるから輸血と平然と言い、それも手術の直前になってからであった。
 皮膚ガンの恐れということで手術だったが、それは誤診ではないかと指摘されると、ガンとは最初から言っておらず、美容外科の手術だったと医師は抗弁した。そこでとんでもない医学的非常識となった。ガンと違い美容外科の手術はしなくてもいいものである。それを、患者が希望してもいないのに大量出血で輸血までという危険な手術を、医師のほうから推奨したうえ実行するはずがない。
 だから多くの医師が指摘する。裁判になり行き当たりばったりで誤魔化しの抗弁をしたので、矛盾が生じてしまったのではないか。そうではなく、仮に、美容外科で大量出血と輸血の伴うような手術を、患者が希望していないのに医師から薦めて実行したとしたら、それだけでも極めて医学的に非常識であるし、そのうえ、美容だとしたらどう見ても失敗なのに成功だと執刀医のみが言っており、それらについて言い逃れではなく本心から述べているのだとしたら、その防衛医大講師の伊藤嘉恭という医師は、完全に頭が狂っている、と。
 たしかに、こう評されても当然だと考えるが、とにかくこのような医師が現場にいて、ここまでひどくはなくても、輸血について考えが安易である医師は少なくないし、国や日赤が安全の為にできることをやっていないのだ。
 なるほど、これでは、駅前などで献血の仕事をしている医師たちが、自分では輸血なんて絶対に嫌だ言うのも当然だ。出血多量と輸血とどちらが危ないかというと、前者であると自信を持って言える場合は、決して多くないのだそうだ。
 
人気ブログランキングへ

 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by bergkatze at 2009-09-15 22:56 x
子宮筋腫の手術のおり、自己貯血の必要性に付いて尋ねたら「輸血が必要なほど出血する手術じゃないし、必要となるほど出血する時は自己貯血分くらいでは(量的に)とうてい間に合わん時だ」と言われて、貯血はやめにしました。
まだ生きてます(^^;)
Commented by ruhiginoue at 2009-09-16 01:23
 自分の血が最も安全だから、緊急でなければそうしておくべきですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-09-15 06:39 | 社会 | Comments(2)