コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「ユダヤ人大虐殺は作り話」でMr.文春失脚

 イランのアフマディネジャド大統領はナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)について「シオニスト政権(イスラエル)を作るための口実だった」と繰り返し主張した。
 これでまた思い出すのは、去年、週刊文春の記者と話す機会があって、例の『マルコポーロ』廃刊ついて聞いたことだ。当ブログでは四月に言及している。
 同誌は、ナチによるユダヤ人ガス室虐殺は無かったという記事をセンセーショナルに掲載したところ、ユダヤ人たちを怒らせてしまい、ものすごい抗議とともに経済的な圧力がかかった。
 イスラエルがあまりにひどいと国連安保理で問題になっても、みんなアメリカが拒否権を発動して議題を潰してしまうようにユダヤ系は猛烈なロビー活動をしていて、それを支える経済力もある。だから雑誌社を潰するくらい簡単だ。ユダヤ系資本はもちろん、それと取引のある企業にも手を回し、文芸春秋社には広告を出さないよう呼びかけた。これではどこ雑誌社だってひとたまりもない。
 『マルコポーロ』はもともと売れ行きが悪かったので、センセーショナリズムにより週刊文春を売り上げ日本一の週刊誌にし「ミスター文春」とまで呼ばれた花田編集長を据えてテコ入れするはずが、それどころか同誌は廃刊のうえ会社は謝罪。居にくくなって花田編集長も退社したのは周知のとおり。その後はフリーになったが不振つづきで、何誌も潰したあげく『will』という『諸君!』の二番煎じ右翼月刊誌を細々とやっている。
 そこで、このまま中国が力をつけてユダヤ系のようになったらどうかという話になり、そうなったら文春も批判できないし、例の南京事件についても今までのように否定できなくなる。仮に右翼がどんなに買ってくれても、中国の圧力の方が怖いからできない。そう文春記者は明言した。明言しなくても当然そうなるだろうと少し考えれば誰でも思うだろう。
 また、つい先日は、北朝鮮を国連安保理で糾弾しようとしたのに、アメリカが同調してくれず日本は困ったが、それは中国が政治的な思惑から北朝鮮をかばったためで、頼りないことにアメリカは放漫財政で中国に莫大な借金をしてしまっているため、日本と歩調を合わせてくれなかったのだった。
 そして、そもそも、日本中の商品のどれを見てもメイド・イン・チャイナと書いてないものを見つけるのが難しく、一方で「民営化」「改革」と言いながら日本の稼ぎや資産がアメリカ資本に叩き売りされてきたが、それを批判するどころか政権与党の自民党だからというだけで持ち上げてきた人たちが、一方では南京事件は中国のでっち上げだと叫んでいたりするから滑稽だ。そんな阿呆どもにばかり書かせつづけた『諸君!』は廃刊である。
 そんな整合性のないことを平気でしてきた日本のお馬鹿さんたちに比べたら、イラン大統領はイスラエルと政治的に正面衝突する一貫として挑発しているのだから一応は戦略がある。あとは政治的に勝利できるかだ。

人気ブログランキングへ



Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
Commented by Neutralizer at 2009-09-21 06:32 x
 いませんよねぇ、イランの大統領みたいに確固たる目的を持って発言する政治家が我が国には…。戦争時における発言や暴言ははっきり言ってしまえば『言葉』を『ただの言葉』であり、いくらでも取り消したりできると無意識に思っているのではないのでしょうか。これでは中国・韓国との領土問題が政治的・経済的に解決しないのも無理はありませんね。
Commented by 渡世人(とよひと) at 2009-09-21 08:13 x
戦争で殺された人たちのことを考えると倫理的に如何かと思う部分もあるが、政治経済外交の駆け引きである以上は計算ずくであるのはやむを得ないとも言えるな。
それに比べて、何の計算もなく発言して問題を起こし信念だと言い訳するのが日本の政治家。それにこびへつらうのが自称保守論客ども。国益を損ねて自己顕示欲を発揮するだけの国賊だ。
Commented by ケーキイーター at 2009-09-22 16:05 x
この編集長さんはどうでもいいけど、イランの大統領さんこの先大丈夫かな。
Commented by ruhiginoue at 2009-09-22 17:47
 そうですね。モサドは怖いらしい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-09-20 15:07 | Comments(4)