井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

牛乳とDDT

 牛乳の消費が落ち込んでいるが、もともと飲む習慣がなかった日本に、戦後GHQの高官だったCFサムスという軍医が、「不潔で栄養の悪い野蛮な日本人」への対策として、DDTを散布すると同時に牛乳を普及させた。
 飲み過ぎると身体に悪いという説もあるが、それ以前に日本の牛乳は不味いと言うのが、外国で飲んだ経験のある人のほぼ共通した意見。そしてこの問題を追及した人気漫画『美味しんぼ』に対して、業界から猛烈な抗議があったものだ。
 とにかく、売られている牛乳のほとんどは不自然な工業製品であり、粗悪品もかなり多い。そう認識していなくても、直感的に拒絶する人が多くて当然だろう。





 日本酪農乳業協会の調査(インターネットによる調査で、16歳~19歳の女性1200人が回答した。調査時期は8月)によると、普段から牛乳を飲んでいるという人(1060人)に、牛乳を飲む理由を聞いたところ「おいしいから」(50.4%)が最も多かった。
 このほか「体に良い、良さそうだから」(41.6%)、「骨に必要なカルシウムが摂れるから」(36.5%)牛乳はカルシウムの吸収が良いので飲めばキレにくくなるというのは本当だろうか。「栄養がありそうだから」(25.8%)など、牛乳の効能を期待して飲んでいる人も目立った。しかし太ると思っている人もいた。(『時計じかけのオレンジ』のディム?)

 あまり牛乳を飲まない人(751人)にも、その理由を聞いたところ「特に『飲みたい』とは思わないから」が最も多く34.8%。このほか「習慣がないから」(29.0%)、「給食で飲む機会がなくなったから」(23.0%)、「家に牛乳がない、ないときがあるから」(22.8%)、「飲む機会がないから」(18.2%)など、「本人を取り巻く環境に牛乳がないということが原因になっていることが多い」(日本酪農乳業協会)としている。

人気ブログランキングへ
 
  Excite エキサイト : 経済ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-10-10 18:34 | 経済 | Comments(0)