コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ネット犯罪が根絶されても警察が自作自演する

 特にポルノがそうだが、犯罪の取り締まりを言いつつ政治的な監視と弾圧に走るのが、日本の警察に限らず世界中いつの時代のどんな権力にも共通した性質であることは、とっくに実証済みである。
 そもそも、詐欺やポルノがどんなに悪質でも、まずは啓発による防止が筋であるが、そうすることで社会から根絶できる理想の状態となったとしたら、権力は自作自演をするはずである。なぜなら、自分たちの力を人々の生活にどれだけ深く介入させられるかという最重要関心事について、最適で他に代え難いものだからだ。
 また、規制ばかりしては技術の進歩にも悪影響である。インターネット上での秘密保持について商取引に応用され多大な利益をもたらしている技術は、もとは反戦運動のために開発されたもので、権力からの監視を逃れることすなわち犯罪という短絡的な決めつけで開発者はFBIに逮捕されるなど迫害を受けたものだった。
 しかし、この分野では、迫害の技術に対抗するための技術も開発されるいたちごっことなり、おかげで進歩することもある。中国で、やはり犯罪対策としながら政治的意図ではないかと言われた監視ソフト組み込み義務化も、これを破る技術開発がすぐに始まる。
 だから警察は、よけいなことをするより、まず裏金問題など自らの綱紀粛正を優先させ、予算の適正な使用と職員の意欲向上をはかり、それにより今できることをより良くできるようにするべきである。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by うずら at 2009-10-15 17:40 x
まさにおっしゃる通りだと思います。
by ruhiginoue | 2009-10-15 17:14 | 社会 | Comments(1)