コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

述べる平和賞

 オバマ大統領の平和賞に、選考過程で委員五人中三人が反対だったようだと報道があった。
 最後には反対した人も賛成にまわったが、最初は大統領が就任まもなくで実績となってないと議論になったそうだ。
 やはり、まだ実績にはなってないけれど、方針を示して世界に発信したことで、この先の実現を応援するための授与ということで納得したのではないか。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
Commented by ZED at 2009-10-16 18:24 x
実績ではなく今後公約を実行させる狙いで受賞を決めたとしても、やはりこれは選考委員会委員長の勇み足なのでは。この受賞が核廃絶の取り組みにいくらか寄与したとしても、一方でオバマの核廃絶演説とは無関係に現在進行形で米軍に民間人が虐殺されているホンジュラスやイラク・アフガニスタンのような国々では逆に民衆の怒りに油を注ぐ結果にしかならないでしょう。特に中東イスラム諸国の民衆からは猛反発を受ける事は必至。それらを総合的に考えるとオバマの平和賞はやっぱり賢明なやり方とは言えないと思います。むしろオバマ自身がこの受賞を辞退して「成果を出してから改めて選考してほしい」とでも言った方が効果的なのでは。
Commented by ruhiginoue at 2009-10-17 13:47
 これは欧米中心で北欧の中立国としての目線によるものだという問題と限界は、実際にあると思いますね。
by ruhiginoue | 2009-10-16 12:12 | 国際 | Comments(2)