井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

実力あれば事務所いらず

 沢尻エリカが契約違反を理由に事務所から正式に契約解除されたそうだが、あとは他に行くか、フリーになるか、だ。
 まず、どんな分野でもそうだが、とくに芸能界は「捨てる神あれば拾う神あり」の世界である。だから他に行けば上手くいくこともある。
 また、実力さえあればフリーで充分にやっていける。吉永小百合が良い例で、事務所どころかマネージャーも無しで、すべて自分で交渉と契約を、仕事のたびにしていた。他にもそんな芸能人はいっぱいいる。
 この件で沢尻エリカは『ヤマト』の森雪役を逃したと言われるが、その元祖アニメの主人公役の富山敬は、声優業界の内紛で揉め事となったとき、周囲がみんな仕事を干されてしまい、彼も干される側に居たが、彼だけは仕事の依頼が来たというから、それだけ実力があったわけだ。
 その兄役の、こちらも故人となったが、広川太一郎も、芸能デビュー以来一貫してフリーランスだった。最初は俳優として『男はつらいよ』一作目などに出ていたが、しゃべくりのうまさと声のよさから薦められて声優をはじめ、外国映画の吹き替えにアニメにラジオDJに司会者にと大活躍していたが、事務所には所属せずにいた。また彼は、大学(日本大学芸術学部演劇科)で正式に学んでいたから「ワークショップ」とか余計なことをするのは馬鹿らしかったとも言っていた。
 つまり、沢尻エリカも、このあと真の実力が試されるということだ。

人気ブログランキングへカボチャランタンのクリックを
 


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-10-18 14:14 | 芸能 | Comments(0)