井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

外国の狂信者がしたことで済ましては駄目

 このようなことは日本でも、例えば学校で教師が生徒にやった例がある。
 ロイター伝によると、ソマリアのイスラム系過激派組織「アルシャバブ」が、ブラジャーを着用していた女性を公開でむち打ちした。イスラムの教えに反するというのが理由で、地元住民の話によると、銃を持った男たちが着用していると思われる女性たちを集め、公開でむち打ちした後、女性にブラジャーを外して胸を揺らすよう命じたという。
 この報道が正確かは解らない。証言も本当か確認しようがなく、まだ内容的に、政治的な意図や宗教的な偏見に基づいていることが、よくあるからだ。当地をモデルにしたアメリカ映画『ブラックホークダウン』も、戦争告発と言いながら地元の民族に対する偏見が指摘されていた。
 ただ、戒律を振りかざして迫害を加え、それが単に自らの劣情を満足させるためでしかなかったということは、珍しいことではないから、真偽はともかく有り得るとだけなら言える。
 また、背景に宗教の違いがあるけれど、要するにパワハラとかセクハラと言われるものだ。だから、よくあることなので、どこでも行われている可能性があり、日本でもあちこちで見受けられる。
 例えば学校でも、校則違反として無理矢理服を脱がせ、それが時には下着にも及ぶことがある。教師が生徒を、立場を利用して虐めて劣情を満足させる。密室であれば卑猥な感情だが、公開であれば辱めることで権力に酔しいれる。
 女子生徒が被害に遭う場合もあるし、男子生徒の場合もある。自分にも高校生のときに体験がある。これが昔ドラマで松嶋菜々子がやっていたようなのであっても決して良くはないが、そうではなく地位を利用してのことであるのが何より腹立たしいことだった。
 だから、外国で狂信者がやったことで済ましては駄目で、内容は異なっても本質では同じことが身近にないか、あって放置されていないか、などと考えを及ばせるべきである。

人気ブログランキングへクリックしてください

ソマリアのイスラム組織、ブラジャー着用女性をむち打ち | Excite エキサイト
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-10-18 17:08 | 国際 | Comments(0)