コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

世界一繁栄している国はフィンランド

 シベリウスとムーミンとノキアの国が一位。
 シンガポール発ロイター伝によると、民間研究機関レガタム研究所が26日発表した2009年版「レガタム繁栄指数」ランキングでは、北欧のフィンランドが1位となり、日本は16位でアジア最高位となった。
 同指数は、世界人口の約9割をカバーする104カ国・地域を対象に、経済成長や民主主義の度合い、生活の質などの要因を組み合わせて算出する。
 フィンランドというと、湖の美しい所で、シベリウスの交響曲を聴くと、その情景が目に浮かぶようだ。
 また、ムーミンの故郷だが、作者はスエーデン系で言葉もスエーデン語を話したりと(たとえば『ムーミン』の「それからどうなったの」のナレーションなど)で、国民的作家ということに反感を持つフィンランド人も少なくないらしい。フィンランドとスエーデンは、韓国と日本のような歴史的なわだかまりがあるから。きっと作者は、その思いをスナフキンに込めていたと思う。
 日本では、フィンランドを侮辱してきたのが統一教会と中曽根総理だった。八十年代に蜜月だった両者は、フィンランドはロシアの顔色をうかがう弱小国とコケにし、それに対して日本は経済大国軍事大国だと大いばりだった。
 それがすっかり逆転してしまったのかどうかはともかく、北欧は全体的に生活水準が高く、その根本に「他人を出し抜いて良い思いをしようというのは間違い」という考えが共通してあるそうだ。ノルウエーやデンマークでも同じことが言われている。
 逆なのがアメリカで、その後を追うべきだと言っていたのが日本だった。
 『ゴッドファーザー』で有名なマリオ=プォーゾが指摘していた。アメリカ人は国全体が平等に繁栄している社会を求めはしない。他人より良い思いがしたいから。そのための才能があるとか努力をする人が多ければ国が発展する、という幻想もあるが、それは実のところ言い訳である。アメリカの現実は、自分は何も努力してないくせに、いずれは他人より良い思いができるようになりたい、と願っているが多い。だからアメリカでは宝くじが売れまくっている。
 こんなアメリカに追従しようとして、日本は失敗した。竹中とか小泉だけではない。菅直人現副総理も、野党時代に「協調社会より競争社会になるべぎた」と言っていた。もっとも、当時の風潮に安易に迎合してのことだから、今もういちど問うたら別の答えをするだろうが。

人気ブログランキングへジョン=カーペンターの映画みたいになると怖いからクリックを


世界一繁栄している国はフィンランド、日本は16位=調査 | Excite エキサイト
[PR]
Commented by MJ at 2009-10-29 10:43 x
アメリカの富くじはやけに高い。
Commented by 隻翼隼 at 2009-10-30 06:43 x
日本の宝くじは地域振興目的だがアメリカは博打っぽい。
Commented by そらこ at 2009-10-31 04:52 x
北欧だとIKEAとH&Mも元気ですね。
>他人を出し抜いて良い思いをしようというのは間違い
以前は日本企業もそうだったけれどアメリカ追従しすぎで変ってしまったんでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2009-10-31 09:40
 日本では外国宝くじの購入は違法だと聞いたことがあるけれど、代理業者がいて売買されてます。
 家具や衣類でも、北欧が評価高いようですね。
 ヨーロッパでもカナダでも、アメリカは評判悪くて、行った日本人はだいたいビックリするようです。 
Commented by 渡世人 at 2009-11-01 10:58 x
外国宝くじ買わないかって業者いるが、なんかうさんくさい。
Commented by 鎧元帥 at 2009-11-02 04:46 x
ノキアは環境に配慮した企業という評価がある一方でインテルなどと同じあくどい商売しているイスラエル支援のユダヤ系資本でもあるのだ。
国民の意識が高いので配慮せざるを得ないのかもしれない。ただしその配慮も国内限定になる。
Commented by ruhiginoue at 2009-11-02 13:39
最下位は任天堂と。
Commented by Neutralizer at 2009-11-02 22:07 x
 北欧とアメリカを比較した話を読むと『イワンの馬鹿』を思い出します。愚直に生きる方が真に『豊かな』生活を楽しめるのかもしれませんね。
Commented by ruhiginoue at 2009-11-03 10:31
北欧はロシアやドイツに嫌なめに遭わされて、ああなってはいけないと正しい学び方をしたのではないでしょうか。
Commented by 石畳 at 2009-11-03 14:09 x
『イワンの馬鹿』がトルストイの民話であることを考えると、その理念を実践したのがフィンランドであるのに皮肉を感じる。歴史を省みれば、偉大な理念や思想は殆ど「大国」と言われる国々で生まれたが、それが真に理解されるのは「小国」においてではないのか。もういいかげん、「大きいことはよいことだ」的な幻想から抜け出すべきだろう。
Commented by ruhiginoue at 2009-11-03 17:40
ローマ帝国の崩壊からの一環でしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-10-27 22:51 | 国際 | Comments(11)