コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

稼いだ仕事と税申告漏れの原因

 脳科学の第一人者としてマスコミで引っ張りだこの茂木健一郎氏が、そのため雑所得が急激に増加し、去年までの3年間で4億円近い所得の申告漏れがあり、「自分で申告するスケールを超えてしまった」「仕事に追われて、書類の整理ができず、申告する暇がなかった。申し訳ない」などと話していて、これを「“脳”の限界超えた?」と、ちゃかされて報じられている。
 稼いだ仕事と税金の申告漏れとをからめてちゃかすのは、今始まったことではない。古くは八十年代の後半に、大橋巨泉氏が司会を務める人気番組『世界まるごとHOWマッチ』で稼いでいるとき申告漏れをし、新聞の見出しはスポーツ紙も一般紙も共通して「巨泉さん、申告漏れハウマッチ」だった。
 悪意の脱税ではなくうっかり申告漏れしたら、それだけ稼ぐからには相当に忙しくて納税を忘れたのだろう、と皮肉られる。ちゃんと納めれば納めたで「長者番付」と称して晒し者である。
 つまり税金がらみの報道は、送り手も受け手も、興味が半分、もう半分は僻みである。稼げた人とそうでない人との調節をする仕組みの一つが税金なのだから、その調節についてちゃんと機能しているかこそが、報道により問われなければならないことであるはずなのだが。

 人気ブログランキングへ僻まれるほどでない人はクリックを

 平成生まれの人のための資料  



 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
Commented by 伊賀のヲタク at 2009-11-11 09:10 x
恐らく書き逃げになると思いますがご容赦を。

深刻漏れに対して、「あ〜あ、バレちゃった(^_-) < てへっ♪」という態度を取るか、「正しく申告しようとしてたんですが、残念です(T^T)」という態度を取るか(ポーズとしては全員後者でしょうが…)でこういったことの意味合いはまるっきり変わるわけですが、ほとんどの人(たぶん僕自身も含めて)が「こいつ前者だな(--;)」と決め付けているか、そうでなくてもそう決め付けさせたがる報道姿勢には疑問があります。

「税金の計算はこんなに面倒なんですよ」という報道はほとんど聞かないんですよね。(たぶん「ネタとして」面白くないから) そういうことが理解されればこのような「ネタに走った報道」はなくなるんじゃないでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2009-11-12 08:30
 ご指摘のとおりだと思います。
 ただ、圧倒的に多い源泉徴収の人で、雑所得があり申告することはほとんどないので、みんな関心が低いのではないでしょうか。
Commented by L at 2009-11-14 18:26 x
 長者番付って、まだありましたっけ?プライバシー保護の名目で廃止された気が。もともとは、羽振りが良いのにリストに出ない人の脱税の告発のために行われていたそうですが。実質税率もむちゃくちゃ下がるし、番付公表廃止とまったく美しい国です。
Commented by たぶん at 2009-11-14 20:20 x
公的に発表される制度は一昨年あたりに廃止で、その後はマスコミが推定でやってると思う。
Commented by ruhiginoue at 2009-11-15 11:04
 〇七年に、個人情報保護法の建前から発表しなくなり、今は推定のはずです。マスコミの対応についてのことだから、それでいいかな、と思いました。
 個人情報保護法にはいかがわしいところがあると言われてきたけれど、税金についても言えるかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-11-10 18:20 | 社会 | Comments(5)