コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ロシアの人肉事件

 かつて日本では運送とは別にパリでもう一つの佐川事件があったが、ロシアで、殺害した人の肉を食べたうえ一部を食肉としてケバブ屋台に売った男たち3人が逮捕された。肉が実際に売られたかは不明だそうたが、彼等には犯罪歴があったそうで、異常であった可能性もある。
 ケバブの商売に影響したかもしれないが、これについて思い出すのが、日本で七十年代の末にあった「手首の肉入りラーメン事件」だ。暴力団による殺人事件で、死体の身元を隠すため指紋を消そうと切断してラーメン屋のナベに入れてしまった。これをトピックとして取り上げたテレビ番組で、司会者が、「気持ち悪くてラーメンが食べられない」と言ったところ、ゲストとして出ていた歌手の五木ひろしが毅然とした言った。
 「こんな事件があって全国のラーメン屋さんが可哀想。僕はラーメンが好きだから、気にせず食べます」
 もっともだし、彼の発言は思いやりがあるとして評価された。また、話題を盛り上げようと気味悪さを煽り、それで迷惑するであろう人たちに配慮しない司会者が批判されたものだ。

人気ブログランキングへ芋は無関係なのでクリックを

 
ロシアで人肉事件、遺体の一部はケバブ屋台に | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-15 18:58 | 国際 | Comments(0)