コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

幼稚園の女の子にピアノをあげた話

 今は昔、と言っても「御時」は平成ではあるが、引っ越さないといけなくなって、困ったのがピアノだった。
 ピアノは、引っ越し業者とは別にピアノ専門業者に運搬を依頼しなければならないから、余計に金がかかる。動かせば音も歪むから、調律師を呼んでまた金がかかる。それぞれ、けっこう高い。
 ところが引っ越し先は一時滞在の予定で、しばらくしたらまた引っ越すつもりだから、そのたびにやっていたら無駄に金がかかる。
 もともと中古で買ったピアノだから、これを機にいっそのこと買い換えほうが割得だとの結論になったのだけど、今あるのを売ろうと業者に査定してもらったら、これがどんな中古品でもそうであるように、買い叩かれる。
 そんなとき、近所のAさん夫婦に幼稚園の娘がいて、ピアノを欲しがるけど、買うと高いと言っていたから、近所の人を介して、運搬料を負担してくれるなら、タダであげると言った。中古業者が買い叩くのは、やはりいちいち運搬料金がかかるためだ。だから中古の中古はタダ同然になる。それならあげると言った。
 そしたら、Aさんの娘が同居のおばあちゃんと一緒に来て、実物を見た。
 「ほんとうに、これをもらっていいんですか」
 運搬その他の事情を説明すると、それならぜひということになった。Aさんところの若夫婦は、旦那がイケメンで、奥さんもお似合いという感じの人だから、その娘はなるほどの美少女であった。弾いてみるかと言ったら娘はピアノの前に座り、蓋を開けてやって真ん中の鍵盤が「ド」だよと言ったら、ニコニコしながらレミファソラシドまで順に親指で鳴らした。
 ところがその後、Aさん夫婦が、もらえないと言いだした。この話を聞き付けた自治会長の爺さんが、
 「それなら、うちにも孫がいるから、うちに」と言い出したそうだ。
 自治会長ともなると、地域ではそれなりに権力があるものだ。それをAさん夫婦も気にした。娘は悲しそうに言ったそうだ。
 「なんで駄目なの」
 これに怒ったのが近所の人たち。自治会長の爺さんがうちを訊ねてきたとき、たまたまこちらは留守にしていたのだけれど、そのさい近所の人たちが、とくに口が上手い主婦が中心になって、巧みに言って丸め込み、自治会長に諦めさせたそうだ。
 それで、ピアノはあの美少女のものになった。
 その後、Aさんところのおばあちゃんがうちに来て、嬉しそうに言った。
 「うちじゅうで音出して楽しんでます。実は、とくに私が。右手の人差し指だけで弾いてるけど」
 そして、あの孫娘はお稽古に通いはじめたそうだ。
 「何派と言いましたか、私はお茶やお花ならともかく、ピアノのほうはさっぱり知らないもので、どこの流派か思い出せないのだけれど・・」
 もちろん音楽教室の背景にも学閥はあるが、茶道や華道のように何派とか何流という言い方は聞いたことがない。しかし、おばあちゃんの話を聞いているうちに「ヤマハ」のことだとわかった。
 
 
人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2009-11-30 14:31 x
爺会長。時事会長。自治快調。G長調会長。
 取り合えず4つ。どうせお師匠さんがもっと面白いの書き込むんだろうけど。
Commented by ruhiginoue at 2009-11-30 23:38
 駄洒落ではなく真面目に誤解してるお婆ちゃんが可笑しい。本気で言い間違えるのは、ギャグより受けてしまいます。
Commented by ケーキイーター at 2009-12-03 22:15 x
確かにそのお婆ちゃんの言ったことの方が面白いです。
ところでお師匠さんはジャズピアノの教則本を見たことはあるかな。
Commented by ruhiginoue at 2009-12-04 09:01
 ジャズピアノの教則本を見たことはありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2009-11-18 19:52 | 雑感 | Comments(4)