コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

夕張の財政難は国の責任だが

 財政破綻した夕張市は財政再建中だが、藤倉市長は高井副知事らと会談し、自力での赤字解消は困難であり、約244億円の赤字に対し国や道に財政支援を要請する考えを伝えた。
 夕張といえば炭坑の街。国が石炭に見切りをつけたから、各地で栄えていた街が崩壊した。夕張もその一つ。
 夕張市は、炭坑の閉山に600億円近く負担させられたうえ、主要産業がなくなったことで人口も急減した。代わりに、国は観光開発をさせたが、これは失敗で赤字を増やしただけ。そしてさらに国が地方財政大幅削減。
 つまり国が追い詰めたあげく見捨てたということ。財政破綻した夕張市は、再建しようにも金がなさすぎて政策しようがないと市長も嘆いていた。
 つまり夕張の惨状は国のせいだ。いくらメロンが売れても追いつかない。国は特例を設けてもっと積極的支援するべきだ。

 前にこの話題をここでのべたところ、夕張に住んでいるという方から次のようなコメントを頂いた。

 まさしくその通りです。
 それなのに住民へと負担を強いる。
 とんでもないことです。
 一国家の姿でしょうか。

 本当の意味で夕張財政破綻の真相を知っていただきありがとうございます。
 これから18年間で終わるはずのない再建。
 住民は多く不自由・負担を強いられることになります。

 また、次のようなコメントも。

 放射性廃棄物の処分を引き受けるというのもある。米軍基地の騒音大歓迎するというのもある。何しろ、国は金のない地方財政を横目でにらみながら「札束で頬を叩く」のが得意だし、それが国政だと思っているからね。 

 人気ブログランキングへ
  
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-19 15:21 | 政治 | Comments(0)