コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

バルカン・グリップ

 電車の中で痴漢したと逮捕された会社員が、携帯電話を注意して逆恨みの狂言をされたと訴え十年も裁判になっているが、その真実はともかく、車内で通話していたことは間違い無かった。
 だから、そう言う場合は携帯やデジカメで撮影し、証拠をとり、場合によってはネット上に曝してやろうと前に言ったところ、曝すのは陰湿だと批判する人もいた。
 しかし車内でマナーが悪い人を見かけても、面倒なことになる恐れから、なかなか注意できない。暴力を振るわれて負傷しても、逆にやっつけて負傷させても、どちらにせよ大変である。
 これが出来れば、最高なんだが。
 



人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
Commented by カナエ at 2009-12-11 01:03 x
この前電車に乗っていたときに、小学生が二人入り込んできて、堂々と扉の前で座りました。みかねて「邪魔になるから立って」と呼びかけて立ってもらえたんですけど、その時も後から考えても、立場が弱い相手だから威圧的に出来ることであって結局欺瞞なのかなと感じています。別件で、高校生がタバコを車内で吸っていたという話を聞いたときには、さすがに注意できない(しない)だろうと。

本当は駅員や車掌さんが注意してくれるとありがたいんですが…
Commented by そらこ at 2009-12-11 18:33 x
その場で自分のできうる限りのことをしたのだから欺瞞ではないと思います。
それを欺瞞だと突っ込む方が屁理屈っぽいです。
因みに私はおそらく、立てば?と思ってるのに「邪魔になるから立って」も言えないですし、もちろんきれるポイントがよくわからない人に注意することもできません。
だからカナエさんは偉いと思います。
Commented by ruhiginoue at 2009-12-12 09:33
 経費のため、バスだけでなく電車もワンマンと化してますし、警備もなかなか眼が届かないのでしょう。
 相手をみて対応を変えるのでは欺瞞のようだけど、でも切れるポイントは人により違いますし、公平さと応変の兼ね合いは難しいところですね。
 ただマナーは表面に浮かんだ現象で、とりあえず守れとは言えるだけですから。
 昔、ドラマで『金八先生』が、タバコ吸ってる高校生に怒り注意し喧嘩になり警官に分けられて「坂本先生らしくないよ」と言われるけど、自分の真面目な教え子が親の事情で高校進学出来ず悲しかったところへ、不真面目な高校生と出くわして怒りがこみ上げたわけです。
 問題はその不真面目な行為が表れた未成年喫煙ではなく、そんな奴でも進学できるのに、一方では・・に怒ったわけですから、タバコに矮小化した対応が「らしくない」と指摘されちゃったわけです。
 だから、とりあえず規則を守れ、は仕事でやってる人に任せ、みんなは規則守らない人がいる背景を考えるべきかなと思います。
Commented by そらこ at 2009-12-13 05:30 x
考えてみたら昔、強い友達の力を借りなければ苛められてるクラスメイトを庇うことができなかったと思い当たったときに、「欺瞞かな?」と考えたことはありました。
見方によっては欺瞞かもしれないけど、私はカナエさんの意見に共感してしまったのでそれをいうのは野暮ではと思いました。
臨機応変(人によって態度を変える)はずるいという人もいますけど必要だと思います。
金八先生苦手だったけれど、これを読んで少し印象が変りそうです。
Commented by ruhiginoue at 2009-12-14 04:56
 また、自分が正しいかどうかも、問題ですね。
 騒音のように単純なことならともかく、そう簡単ではないことのほうがむしろ多いのが世の中なのだから、慎重になることも必要なはずです。
Commented by カナエ at 2009-12-15 23:17 x
自分で考えても屁理屈だとは思います。
ただ、自分の中でその欺瞞(と思ってるもの)と向き合うのは常に必要でないかとも考えているという、非常に個人的な話でした。(本来ひとさまのブログに書くようなことではなかったかもしれません)

人の“迷惑行為”を咎めるというのは、それだけではなく、その人達に対する偏見も増長するという可能性があるようでそれが怖いんだろうと思います。
Commented by ruhiginoue at 2009-12-16 17:47
 お話は、とても大事なことだと思います。
 それで連想したのだけど、先日死去した森繁久弥氏は、かつて舞台に出演したとき、前の席に顔を伏せた女性がいたので居眠りかと思い、近くに寄った際わざと大きく足を踏み鳴らしたところ、実は彼女は全盲で、それでも観劇に来てくれて、内容を懸命に受けとめようと聴覚に全意識を集中させていたのでした。
 これを劇が終わってから知った森繁氏は、マナーの悪い客と決めつけて心ない対応をしてしまったことを恥じ、舞台の上で泣きだしたそうです。
 こういうこともあるので、単純にはいかないことだと改めて思います。
by ruhiginoue | 2009-12-10 22:58 | 雑感 | Comments(7)