コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

山県有朋が天皇を小突いた件

 憲法で定めた国事行為とその他の公的行為の部分については、共産党に批判されたうえ、それを、なんでも利用してやろうと受け売りした産経新聞のこともあってか、前より厳密に発言をした小沢幹事長だが、本題である、自民と宮内庁の一部からの批判には、相変わらず真っ向から対立する姿勢を崩していないようだ。
 山県有朋が、儀式で居眠りした天皇を、現人神らしくしなさいと小突いたことがあるが、象徴天皇となったからには居眠りどころか病気にもなるし体調も考慮しなければならないから、より配慮が必要で、しかし、象徴であるため内閣の判断に、より影響されるようになったけれど、だからと、現人神ではないのだから小突くようにして働かせるのも不敬である。
 これはとても難しい。
 
 人気ブログランキングへクリックおねがい

 Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
Commented by 名も無き尊皇の志士 at 2012-10-26 17:46 x
  山県有朋と言うと、侍の魂の一部たる日本刀を取り上げんと廃刀令を敷いた張本人。そういう意味から以前より山県有朋を目の敵にしているが、あろうことか時の天皇様を利用しておいて【小突き】というやってはならないことを平然とするわで、とんでもない悪党でしかない。こういう人物は暗殺されることも無く、大往生を遂げたのだから、いい気なものだ。
by ruhiginoue | 2009-12-21 23:11 | 政治 | Comments(1)