コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

2010年

 新たしき 年の始めの初春の 今日降る雪の いや重け吉事 大伴家持

 元日は日本海側で大雪だそうだ。暖冬のはずだったが。
 
 2010年を迎え、思い出すのは『2010年』(84年)という映画。
 あの『2001年宇宙の旅』(68年)の続編だが、16年も後に作られた続編のほうが先に古びてしまい、前作は“技術的なことでよく見ると”以外では廃れていないのが興味深い。
 『2001年』は、8年かかって制作費を回収したそうだ。巨費を投じたうえテンターテイメントではなく難解だったから大ヒットとはならないが、完全主義のため繰り返しの上映に耐えたわけで、これが出来たのもキューブリック監督が製作も兼ねていたからだ。
 これは自分の仕事にとっても、教訓となることだった。これに気に留めながら、今年も努力したいと考えている。

 『2010年』youtubeに完全な形であるが、字幕無しなので、初見でヒアリングに自信がない人は、よくわからないはず。
 ただ前作『2001年』は、セリフ無し映像のみで表現した(2時間半のうちセリフは40分ほど)ことが、普遍性をもったのだろう。

 2分40秒のところから“ツアラトウス虎”とともに「2010」と題名になるので、ここだけで見れば今年の始まりという感じは味わえる。

 
 
人気ブログランキングへクリックをお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-01-01 01:51 | 雑感 | Comments(0)