井上靜の気楽な日誌です。コメントよろしく。おたよりはe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

交通違反と権力の闘い

 hideら人気ロックミュージシャンとの共演で知られるキーボーディスト「DIE」が、交通違反をめぐり警官の対応をブログで批判している。特に怒っているのは、警官が勝手に車の鍵を取ってエンジンを切ったことにだが、これは逃げられないようにという警官の常套手段である。やらない警官はいないらしいから、絶対に警察署で組織的に指導しているはずだ。
 だから、車関係で警官が寄ってきたら、まず自分で鍵を取ってしまうこと。警官に訊かれたら鍵は運転していた人がもって行ってしまい、自分は車をみていてくれと言われて取り残された、とかオートバイなら、自分はまたがっていただけだ、とかその場に合わせて言って、空々しくてもノラクラと応対するのが一番よい。
 真面目にやりあうのは最も駄目だ。警官はそのようなことには対応するように訓練している。だから、なかなか想像できない奇襲が一番である。DIE氏は免許証の提示でも最初抵抗して言い争ったそうだが、免許証を見せろと言われたら、「何を言っているんですか、もう渡して見せたじゃないですか。早く返して下さい」と言うほうがいい。
 免許証を警官が提示を求めたら従わないといけない。これを不当と主張しても通らない。だから、見せたはずなのに見ていないと警官が嘘か忘却による発言をしたと言うほうが、よほど争いのネタになる。
 これは鍵について応用も出来る。そして、「さっきズボンのポケットに入れたでしょう」と言い、つい手を腰のほうへ向けたら「拳銃を抜こうとするなんて!交通違反くらいで」と大袈裟に叫ぶ。
 こういうことは、相手が根負けするまでやれるかに勝負がかっている。それをくそ真面目に法律だの何だのとやっては、いつも対応を訓練していて、しかも権力をカサに着た相手には、まず敵わない。
 だから、なるべくこちらは楽しみ、反対に相手は驚いたり怒ったりして疲れるようにすることだ。だから最大の突飛さが肝要である。その発想ができない人は権力と闘ってはいけない。

人気ブログランキングへクリックで投票をぜひ
 
 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
Commented by masagata2004 at 2010-03-02 14:09
アメリカにいたとき、信号無視で捕まって英語が喋れないふりをして違反切符を逃れた経験があります。
Commented at 2010-03-02 14:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2010-03-03 00:28
 扱いにくい相手だと、それをかまっているより他に似たような件を複数あつかえて手柄が多くなる、という発想は、どこの官僚組織でも共通なのでしょう。

 匿名さん、ご指摘をありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-03-01 21:19 | 芸能 | Comments(3)