コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

病院の次は学校

 性同一性障害の「カミングアウト」が、学校でも増えて、対応に苦慮したうえ認める例も出てきたそうだ。
 病院では、前から問題になってきたことだが、学校ではおそらく『金八先生』で取り上げられたことの影響が大きいはずだ。
 これはたまたま一部見たのだが、自分の身体に違和感を感じて隠そうとする女生徒が長い丈のスカートをはいていたのを見とがめた校長に、女性の教頭が厳しく言う。
 「校長先生は二十年前の考えで生徒を指導しています。やれスカートが何センチ前髪が何センチと、そんなことで子供が良くなるはずないことは、とっくに証明されているじゃないですか」
 つまり、教頭先生が一教師で、生徒に三原じゅん子がいた、シリーズ初期のことである。
 それと同じことで、性別についても社会が堅苦し過ぎることはある。あのヒットしたミュージカル『ラカージュ』の映画化『MrレディMrマダム』も、最後は「おかま」(本人は否定)の、こんなセリフで締めくくられる。
 「男とか女とか言い過ぎるのよ。男らしい女らしい、よりも、人間らしいってことが大事でしょう」
 あと、性転換手術にしても、日本で主にやっているのは埼玉医大で、東大や慶応から医学部の体をなしてないと言われるところで、そこすら落ちた人が歯学部へ行くから、歯医者のミス事件が多いのだけど、それはともかく、だからそんな病院なので心配があり、実際に問題が色々と言われているし、外国の定評ある病院でもハイリスクに変わりはないから、まずは性同一性障害の診断から順に調べ、精神科の治療でも駄目かどうかなど、慎重になったほうがいい。
 人気ブログランキングへここをクリックしてください


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by pukuowl at 2010-03-08 00:28 x
性同一生涯については自分はよくわからないけれど、歯科医療については問題がたくさんある。昨今の歯学部も歯学部教育も、歯科治療にも問題が大いにあるのだけれど、いつまでも受け身でいると実際どうなってるのか一般人にはさっぱりわからないままだ。歯がどうなっても命に別状がないことが多いので、問題の深刻さがなかなか認知されない。患者として医療の受け手側から何か行動を起こさなければという観点で活動されている「草の根歯科研究会」というところがあって地味なんだけどなかなかいい活動をしているよ。
Commented by ruhiginoue at 2010-03-08 06:51
 歯科は被害者が多いから、医療問題の会合で、よく話題になりますが、「草の根歯科研究会」は知らなかったので覗いてみます。
 医学界では、歯科なんて廃止して医学の一分野としての歯科・口腔外科として総合学問にしないといけないと言われて来ました。麻酔使ったり骨盤を一部切り取って顎に移植したりしているから、当然といえるかもしれません。 
 
by ruhiginoue | 2010-03-07 14:13 | 社会 | Comments(2)