井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

『ペットセマタリー』

 埼玉県の山林に、犬猫の死骸が不法投棄されており、動物葬儀社の不正らしい。
 現場の正丸峠はドライブや登山などで知られる風光明媚な観光地でもある。そこへ、実はコッソリ死骸を捨て、飼い主からは安くない埋葬料金を取っていた疑いがある。
 法的には、愛玩動物の死骸は食べ残しの生ゴミと同じ扱いだが、それは心情的にできないという飼い主の思いを、一部の心ない業者が踏みにじったのだろう。
 前に飼っていた猫が死んだとき、世話になっていた動物病院で「いちおう」と、動物の葬祭と霊園のパンフをくれた。上質なコート紙にフルカラー印刷されたもので、新築マンションと同じくらい豪華なものだった。
 ただ、そこの動物医が言うには、動物病院をやっていると、よく動物の葬祭とか霊園の業者から営業マンが訊ねてきて、死んだ場合に配ってくれと依頼され、どうもえげつない商売と感じて嫌な気分になってしまうそうだ。
 で、うちの母親は、そんな動物霊園ではなく、ピラミッドを作って埋葬したいと言う。生き返るのではないかと真面目に考えてのことだ。「ピラミッドパワー」は一時流行ったが、ほんとうなのかオカルトなのか、安斉先生か大槻先生に訊いてみたいものだが、うちの母はその猫を溺愛していたので、そんなことを言い出したわけだ。それにしては「可愛い可愛い」と言ってばかりで世話は全部息子に押しつけていたので、今でも思い出すと腹が立つ。唯一の救いは、猫は誰が良くしてくれたか理解していたようだったこと。
 とにかく、そんなことがあるからスチーブン=キングは『ペットセマタリー』という小説を書いたのだろう。

人気ブログランキングへ投票のクリックをお願いします。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-04-06 12:18 | 社会 | Comments(0)