コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

すでに最高裁判例があるけど

 常用漢字や人名用漢字ではない文字を使い名付けた子どもの出生届を受理されなかった名古屋市の夫婦が不服を申し立てた家事審判で、最高裁第2小法廷は夫婦側の抗告を棄却する決定をした。
 これはすでに最高裁判例があり、どんな名前にしようと自由であるとか、漢字文化を尊重して制限をすべきでないとか、訴えはあったが、戸籍はあくまで夫婦とか親子など身分関係を公称するものであるから、自由にしたければ通称を使えば良いとして、否定されてきた。
 だったら、通称を偽名だとして別件逮捕に利用する警察の常套手段に対して、最高裁は整合性をもった対応をしてほしいものだ。戸籍法の規定を合憲だというときは自由だと言い、警察が権力の乱用をするときは自由を認めないというのでは、人権否定のためということでしか最高裁には整合性が見出せない。
 もちろん、親が自己満足などで非常識な命名をすることまで許してはならないだろうが。

人気ブログランキングへ投票のクリックをぜひ。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by 脱兎Ⅲ at 2010-04-09 15:18 x
宿帳に通称を書いたら偽名だと逮捕するんだよな。
宿帳には本名を書かないといけないが、通称は偽名ではないのだから違法ではない。
それは政治的な意図でやられるから、実際に逮捕されてるのは左翼が多い。
Commented by ruhiginoue at 2010-04-11 22:32
 そういえば、不破哲三氏などは宿帳にどう書いてるんでしょうね。
Commented by ケーキイーター at 2010-04-13 23:52 x
亡くなられた井上ひさし氏は何て書かれたんでしょうか。本名で「井上厦」だったのかな。
Commented by ruhiginoue at 2010-04-14 12:51
 千葉のご自宅の表札は、本名のとおり名前も漢字だったそうですが、宿帳は法律の規制がありますから、どうしたんでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-04-08 22:07 | 司法 | Comments(4)