コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自己満足の裁判では勝てない

 前に、公務員の政治活動規制の裁判でも同様だと触れたが、思想信条に関する裁判で、よく負けるのは、憲法の謳う自由について拘り過ぎている場合だ。
 そもそも裁判とは、問題が矮小化されるものだ。なのに、大上段に構えていると、フルスイングで空振りすることになる。
 今回の「広島君が代訴訟」は、起立して唱わない教師を教育委員会が戒告処分したことが問題になっていたが、いくら思想信条の自由を主張しても、仕事だから本心からでなくても形だけ一応やっておかないといけないことは他にも色々ある、という現実を突きつけられると、憲法で保障された人権の問題へ具体的に入っていけずに、肩すかし判決でお終いである。今回もそうだ。
 だから、問題にするのなら、学校運営と子供のために、強制までしてやる意味がどこにあるのか、ということから始めないといけない。現に、そこから一部主張を認めさせた裁判はあるし、諸外国でも、やはり国旗国歌で賛否がある国は多く、独立問題を抱えた国ならもっと激しい対立になっているが、そこから観念的で不毛な論争を裁判でやることは避けて、個人の自由との調整をどうするのかと具体的に考えている。
 ところが日本では、そのような不毛な対立によって自己満足している人たちが圧倒的に多い。
 何らかの裁判の当事者になった経験を持つ人にはわかる人が多いだろうけれど、裁判所の前でビラを配るなど支援を呼びかけているところへ、労働組合の人たちがドヤドヤとやって来ると、先に居て活動している人たちを押しのける。
 「どけ!医療ミスの裁判だとお?いいか。我々はなぁ、日の丸君が代に反対してる先生の応援をしてるんだぞぉ」
 こういうことが、本当によくあるのだ。
 もっとも、こういうことをする連中は、弾圧を覚悟で反対している当人と違い、自分は矢面に立たず他人に便乗することで悦に入っているだけだ。しかし裁判自体も、とにかく思想信条の自由とばかり言う自己満足では、同じような悦の入り方であり、これでは成果が出せるわけがない。
 もちろん、教育委員会の現実はひどいもので、教師が生徒児童に暴力とか猥褻の違法行為をしても、よほど悪質なことが隠しようなくなったのでもないと動こうとせず、それでいて君が代斉唱で起立しないと速攻で処分する。教育委員会を問題にするなら先ず前者なのに、それはしないで後者ばかり問題にする。だから子供たちの支持も得られないのだ。
 

 人気ブログランキングへ投票クリックしてください。

 

 
 

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2010-05-24 19:39 x
私は頭悪いので、お師匠さんの文読んで、しょっちゅう頭の中がパニック起こしてるんですが。要するに「憲法うんぬん」じゃなくて「やっていいことと悪いことの区別くらい出来るだろ!」でしょ。
Commented by 魔女リティ at 2010-05-24 22:11 x
てゆうか「嫌ならやらなくていいことと嫌でもやらないといけないことの区別」でしょうね。
それが問題なのに「嫌な理由」の正当性を訴えて負けちゃった。的はずれだから。でもどうしても思想とか政治とかの嫌な理由を言いたい。つまり自己満足。
Commented by ケーキイーター at 2010-05-25 02:38 x
も一つおバカな質問。その「日の丸に反対する人びと」って、日の丸弁当は絶対食べないんですかね。
Commented by ruhiginoue at 2010-05-25 15:31
 憲法で保障された思想信条の自由は、それが正しいかどうかは無関係です。そんなこと一概に言えないから、それぞれの自由。
 そこを解っていないから、裁判は負けるし、他の人権のために戦っている人たちに「どけ」と言う。
 
 弁当はわかりませんが、それよりお子様ランチの旗に火をつけるなどしたほうが面白いのではないでしょうか。
Commented by 腐蜜柑 at 2010-05-26 17:13 x
>我々はなぁ、日の丸君が代に反対してる先生の応援をしてるんだぞぉ
これほんと左寄りの労組とか体質ですね。
日の丸君が代を強制してる連中と根底は同じ、だから大衆の支持が受けられないうえ独りよがり裁判も負ける。
それでも満足なんでしょう。大衆が蒙昧だとか裁判官が偏向してるとか批判して優越感に浸れるから。
Commented by さみだれ at 2010-05-27 01:46 x
いつも拝見しています。

>そこから一部主張を認めさせた裁判はあるし、

仰せの通りで、こちらのほうが勝利としての実が大きいのです。少数派の人権を認めさせたことが明文化される意味でも。

とある団体の運動はある強制に抵抗している人を持ち上げて偶像化しているというか、「処分の殉教者」にしているように見えますね。
裁判に負けるのは勝手ですが、強制することを正当化する「判例」が残るから、良い影響も残さない。


Commented by ruhiginoue at 2010-05-27 17:17
 特に労組の人たちに顕著ですね。玉砕して靖国の英霊になるというのと同じ感覚で権力と戦っている。
 しかしご指摘があるとおり、裁判の結果は判例となって独り歩きし後に影響してしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-05-24 16:23 | 司法 | Comments(7)