コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

NHKを廃止せよ

 携帯電話のワンセグで見ることができるから、その機種を持っているならテレビを持っていなくても受信料を支払う義務があるという屁理屈をNHKは抜かしている。
 しかし携帯電話は放送を見るためにあるのではなく、副次的機能が付加されているだけであるから、専用受信機であるテレビとは違う。
 そのテレビでさえ、設置すれば受信契約しなければならないと決められたのは、設置即受信だった時代である。放送電波受信しか、テレビの利用方法は無かったからだ。
 ところがホームビデオの普及により、自ら撮影して見たり、映像ソフトの購入や貸し出しにより見たり、電波受信以外の用途が出来た。そして、その割合は増大しつづけ、現在では放送のほうが比重が低いだろう。
 にもかかわらず、テレビが有ればアンテナを付けて無くても受信契約義務というNHKは、時代の変化により効力を失った古い法律を盾にしており、問題である。早い法改正が必要だ。いや、二十年くらい前に法改正しているべきだった。
 また、二十年前には、昭和天皇の重体と死去に伴い、政府が娯楽の自粛を国民に半強制したことから、テレビがつまらなくなったとレンタルビデオ店に行く人が激増したことが話題となったものだが、このとき人気だった映画が『ラストエンペラー』と『ゆきゆきて神軍』だった。どちらも直前の話題作だが、戦争とからめて君主制を批判した作品で、そこまで政治的意識を持たない人でも、上から権力が内容を押しつけるテレビに嫌気がさしていて、多くの日本人がテレビに疑問を持つきっかけとなった。
 そしてパソコンの普及とインターネットの登場で、アルビン=トフラーが七十年代末に説いた『未来の衝撃』が現実となる。
 先月、近所の友達と花見の後に居酒屋に行ったが、そこで最年長の六十五歳の男性が、しきりと大相撲と朝の連続ドラマの話をするが、誰も見ていないから話に乗る人がいない。そこで彼はバイト店員している女子大生に話してはみたが、彼女はテレビを全然見ないと言う。
 かつて大作曲家ストラビンスキーが来日したとき、ちょうど活躍している日本人の前衛的な作曲家はどんな音楽を作っているかと関心を持ち、NHKがため込んだまま死蔵している録音テープを聴かせてもらい、何が良かったかと訊ねられたら武満徹の曲が良かったと言ったため、それまで保守的な批評家から酷評され罵倒されていた武満徹は救われて国際的に注目が集まったが、これも、今だったらインターネットで検索しyoutubeなどで鑑賞したことだろう。
 スポーツ中継にしても、サッカーの試合中継でテレビ局ではアナウンサーが実況しながら日本を褒めちぎるけれど、それは立場上仕方ないからで、ツイッターではセルジオ某と一緒にファンたちが「だめだこりゃ」「岡田クビにしろ」と言っていて、後者のほうが正しいと評判である。
 政治的にも、テレビをよく見る人たちは軽蔑されるようになった。「小泉劇場」のため日本はおかしくなり、そんなものに惑わされるのは、アメリカでマーケティングなどで分析される「B層」というやつで、情報操作されやすい社会意識の低い人たちだから、「よくわからないけど改革して郵便切手が安くなるのかなあ」というようなバカだ、という具合に。
 つまり、NHKが駄目なのは、テレビ自体がもう過去のものになったからで、過去においては有害だったし、現在は無用の長物である。なのに強制的に受信料を取るなんて、とんでもないことだ。
 
  
人気ブログランキングへ 
 
   
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2010-05-28 03:57 x
そうだなあ。携帯電話でワンセグ見るのは非常に疲れます。あれで受信料きちんと取られたら、たまったもんじゃない。
Commented by ケーキイーター at 2010-05-28 04:24 x
も一つおかしな話。ラジオの方って「ただですよ。サービスですよ」だったよね。
Commented by ruhiginoue at 2010-05-29 00:16
 受信料をとり、放送は国会中継と政見放送だけ。そうすればケチな心情から見る人が増えて良いのでは。
 ラジオのほうが有用だし、テレビとラジオで料金を別に取ればラジオだけ払うと言う人は昔からいました。
Commented by まぇ at 2010-10-18 23:06 x
今日集金に来られて『テレビない』と言ったら『携帯にワンセグついてますよね 』と言われ驚きました。『今時ワンセグなしの携帯なんて ほとんどない』と言ったら『テレビ買った時は新たに加入しなくてイイですから』って当たり前だろ!正直見てない 見たいとも思わないのに金払えだなんて悪徳じゃないですか?事件もあったのに何故NHK廃止にならないのー!!
Commented by ruhiginoue at 2010-10-19 00:45
 いちおうNHKの社会的意義があるから放送法で受信機を持つ人は受信契約義務ありと規定されているので、見ないから払わないと言っては通用しません。
 ただ見ないのではなく、見るに値しない。それは、例えば政治家の圧力で放送内容を変えてしまったことが裁判でも認定されてますが、そのように公共放送としての義務を果たしていないNHKは契約違反しているので、契約はしないし、契約しているものは解除すると言うべきです。
 実際にNHKはただのケチで払わない人ばかり標的にして裁判に訴えています。
Commented by submarine at 2011-01-05 22:58 x
NHKを廃止するための小説を書きました。"『事件、その後』 第3弾"というタイトルでパブー電子書籍です。現在無料公開中。みんなで読んで納得してNHKを2011年中に撃沈しましょう。
Commented by ruhiginoue at 2011-01-06 06:13
 ただ見てないとか払いたくないと言うのではなく、もっと理論武装するべきですね。
Commented by submarine at 2011-01-09 10:35 x
そうです。だからパブー電子書籍の拙著"『事件、その後』 第3弾"の公開討論のところで、NHKを様々な角度から論破しているのです。
Commented by NHKはいらない at 2016-09-01 20:44 x
NHKを廃止せよとの考えに同意する。
NHKは昭和25年の放送法を存在根拠とするもので、受信料徴収云々よりも、まず、立法時と、時代も環境も技術も異なる現代において、NHKが国民にとって、真に必要不可欠かどうかという議論が政権与党や国民において、なされるべきである。
そういう議論が出てこないのは、NHKが存在することにより、おいしい思いができる者が多数存在することを表している。
国民にとって、NHKが最早、無用の長物で、お荷物であるという認識においては、全くの同感であり、法令に認められていない強制力に準じた態度を取っていることは、日本国の法秩序の位置づけという意味からも、非常に問題である。政権与党と国民は問題点を把握し、NHK廃止に向けて行動すべきである。
Commented by NHKはいらない at 2016-09-01 20:56 x
連投、恐縮です。
現行法の解釈という、かなり無理な主張で、NHKは契約を取ろとしている。
放送法は一民間人でしかないNHKに立法作用を丸投げしており、極めて特異な構造となっている。国会で議論されることもなく、NHKの一存で受信料を取るか取らないかが決められるのである。おそらく、総務省の認可はメクラ判。
NHKに契約について丸投げしている放送法の構造に問題があるのであって、政権与党と国民は法改正に向けて行動すべきである。
現行法の無理な解釈で強引に契約を取ろうとする、無用の長物のNHKを廃止するための行動に移るべきなのである。
法律は永久不変のものではなく、国会の議決で、如何様にも変えうるものである。
国民が力を合わせ、政権与党を動かすことが先決である。
Commented by ruhiginoue at 2016-09-01 21:23
ついに裁判NHKが敗訴しました。この動きは加速するでしょう。
それについてはこちらです。
http://ruhiginoue.exblog.jp/25704270/
by ruhiginoue | 2010-05-27 15:23 | 社会 | Comments(11)