井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

事実婚も法的に尊重される

 同棲すると結婚から遠ざかるというコラムで連想したのは、志村けん。彼はよく語っているが、女性と何度か同棲したけど三年くらいしか続かなく、そのため女性のほうから慰謝料を請求されて支払ったことがある。
 彼は弁護士に相談したところ、法律上の正式な手続きをとった結婚をしていなくても、同棲が三年くらいに及べば事実婚とみなされ、別れるさいに離婚と同じように慰謝料を支払うべきだ、ということになると言われたからだ。
 そのように法律に規定があるのではないが判例があり、それは事実婚も法的に尊重されるべきという考えを裁判でも採用しているからだ。
 ところで判例の話ではなく、その志村けんに似ていると昔から日本では言われているのが、フランスの大作曲家フランシス=レイ。
 特に映画音楽で有名で、そのメロディーは映画を観ていないとか題名を知らないとか作曲者を知らないという人でも、聴けばわかるほど。

 『男と女』 画面の写真がフランシス=レイ




 『ある愛の詩』 これはアカデミー賞




 『白い恋人たち』



「同棲」すると結婚が遠ざかる!?(エキニュー恋愛総研) - エキサイトニュース


人気ブログランキングへなるほどと思ったらクリックを
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-06-28 14:56 | 司法 | Comments(0)