井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「土用の丑の日」鰻をやめよう

 業者間取引の問題で、「ふるさと小包」の鰻かば焼き4万個が発送できなくなる事態となってしまったそうだが、そもそも「土用の丑の日」という、一年のうち一日に鰻の消費が集中する不自然が原因であり、これは同時に、生産の現場でも養殖のさい化学物質を使用しなければならなくなる問題も起こしている。
 そもそもエレキテルで有名な平賀源内が、知人の鰻屋から売り上げ増の相談を受けて、夏バテ対策として土用の丑の日は鰻を、と提唱したらというのが大成功しすぎたわけだが、もしも現在の異常さを平賀源内が知ったら、馬鹿げているからやめろと言うはずだ。
 鰻は卵と同じようにすべての栄養が含まれた完全栄養食品のうえ、卵と違いコレステロールが少ないので、とても健康的である。だから普段から食べるようにして、食べる時期を分散させるべきだ。


人気ブログランキングへ投票クリックをお願いします。
 経済総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by paradeisapfel at 2010-09-08 02:25
鰻は冬に向けて脂がのり、おいしくなります。
鰤と同じで冬が本来の旬。
コマーシャリズムに踊らされずにおいしいものをおいしい時に食べましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-07-30 20:22 | 社会 | Comments(1)