コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

相変わらずガキの徹くん

 テレビでのデタラメ発言により懲戒処分を受けた橋下徹弁護士が、懲戒について事前に結論を報道されたことを問題にして、弁護士会長を懲戒請求で仕返しすると宣言したそうだ。
 それが弁護士会の責任で、会長に帰せられるものだとしても、普通の判断力を持っているなら、誰か他の弁護士に頼んで問題にしてもらうだろう。自分で騒いでしまったら、問題の本旨とは無関係の部分に付け込んでの仕返しと言われてしまうだろうし、現にもう言われている。
 多分、頼んでも聴いてくれる同業者の友達がいないのだろうし、一般人に呼びかけることも、これまでの経緯から出来ないのだろう。
 それに、弁護士会だって、内容を漏らしてはいないと抗弁するだろう。だいたいの内容は制度と過去の例の相場から予想できるので、それをマスコミは報じただけだろう、と。そうではなく、漏洩だったと言える確実な証拠があるなら別だが、それには発表前に文章が渡っていたとか、口頭で告げた者がいたとか、具体的な証言が必要で、これを見つけるのはとても難しい。
 また、会則には懲戒につき、次のような規定もある。
 「2 本会は、法第六十条第二項の規定に基づいて懲戒の手続に付した場合及びその他会規に定める場合であつて、本会又は弁護士及び弁護士法人に対する国民の信頼を確保するため特に必要があるときは、本会の懲戒に関する処分前であつても、事案の概要その他会規に定める事項を公表することができる」
 裁判とは制度の意義が異なるから、橋下氏が言うような絶対的に秘密というものではないのだ。なのに、軽率に発言してしまうのだから、弁護士としての手腕も疑われる。おそらく知事を辞めたら、仕事が来なくなるだろう。
 
 
人気ブログランキングへガキ弁護士崩れに同情のクリックを 

社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-09-21 20:54 | 司法 | Comments(0)