コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

開かずの踏切

 「開かずの踏切」解消のために99年から進めていた中央線三鷹―立川の高架化工事が11月7日朝に終了するとJRから発表があった。これで東京―立川では踏切ゼロになる。東京都によると、18カ所のうち16カ所は、朝夕ラッシュ時の1時間には40分以上閉まったままの「開かずの踏切」だった。
 この「開かずの踏切」と高架の問題は、他の私鉄でも長く揉め事となってきた。そのなかで興味深いのが小田急線である。
 踏切問題を解決するべきだが、しかし高架は、日照や騒音への不安が付きまとう。だから地下鉄にという意見があるのだが、鉄道会社は予算や工法から難があると言って受け入れず、これを革新系の市民団体と政党と議員が批判するとの図式があった。
 例えば小田急線の通る世田谷区では、社会党系無所属の若手議員が協力して住民訴訟を起こしたが、東京高裁の鬼頭季郎という判事が大企業に偏向した訴訟指揮をし、抗議に対して警備員を動員して法廷から議員や住民らを強制排除した。 この鬼頭はその後ホリエモンの味方をするなど色々としたうえで内閣府へ「渡り」という進路である。日本の現状では司法に救済を求めても無駄であった。
 また、道路の方を線路の下にくぐらせる方法は、建築関係の人たちは口を揃えて、強度に問題があると言う。いずれ解決できるかどうかは不明だが、現状ではどこの線路でも道路でも陸橋にしており、完全な地下道とか地下鉄にすると費用がかかりすぎる。
 それでだいたい革新系は、鉄道会社が金を惜しんでいると批判する。
 しかし大企業とはいえ、旧国鉄と同じように公営でも私鉄でも旅客部門は赤字であり、それを宅地開発や駅ビルテナントなどで埋めてる。そんなことは無視して、「とにかく我々は大資本批判して偉いんだ」と自己満足するばかりで結局何も解決できないとの図式から「革新」は支持を失ってきた。
 隣の狛江氏も、同じ踏切問題を抱えてきた。
 狛江駅近くの踏切では、小学生が遅刻しそうになり焦って遮断機をくぐり抜けようとして事故になっている。 そこへ、共産党狛江市議団長が「反対ばかりの革新」では駄目だと言い出した。 高架は問題大ありだが、しかし地下鉄にするのでは工法を国が認可していないうえ、仮に認可されても地下は高架の三倍くらいかかってしまうから絶対に無理と鉄道会社は譲らないので、ここをいくら押しても動かせない。では「開かずの踏切」が続くのと、問題ありだが高架で解決とどちらを選ぶかと市民にアンケートをとるよう、当時の保守系市長に申し入れて、渋る市長を粘って説得した。
 そして、高架で影響がある沿線住民には全員、直接の影響はない離れた住民には無作為抽出でアンケートをとったところ、高架で解決しても「開かずの踏切」が続いたままよりはマシだから工事に賛成するという意見ばかりだった。
 それで、混乱する隣の世田谷を尻目に狛江は工事が始まり今のような高架となって、先に解決したうえ結果に多少の難があっても文句を言う者はいなかった。
 これにより、市民の意見を聞きながら現実路線も推進して問題解決につなげたということで、この共産党狛江市議団長だった矢野裕氏は、革新から無党派さらに保守までの市民から高く評価され、そして後に狛江市長となり、現在まで四期も続く長期政権となっている。
 
 ついでに言うと、共産党はこれと同じことがどうして他ではできないのかと、みんなが疑問に思っている。実は選挙で失敗して議席を減らしては志位委員長が言い訳している一方で、同様の共産党市町村長が各地方に点在している。これは明らかに共産党の人材難を示している現象である。

人気ブログランキングへ


社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2010-10-31 21:58 x
惜志位ねえ。
で、高架線にしたら、効果あったんでしょう、踏切問題には。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-01 11:44
 悔志位、悲志位、見苦志位・・嬉志位、麗志位にはなるのか。

 とにかく通れるようになって人もバスも立往生だけはしなくなりました。
 高架の下は店が並んで買い物便利と駐輪場で通勤通学便利に。
 ただ、地下にして上に店などとしたほうがいいようにも思えるけど、そうすると掘り下げて上は陥没しない強度にするには大変で金がかかりすぎると鉄道会社は嫌がるし、高架にしてそこに系列の店(小田急ならOXなど)を入れて駅前商店街から客を奪ってしまおうという意図が透けて見えたため、そのセコいやり方が反発を受けたという側面もあります。
Commented by ハリー at 2010-11-05 12:17 x
当地でも鉄道高架事業を進めています。
10以上の踏切の廃止、それによる交通渋滞の解消(今は実にひどいものです)、市街地の再開発を主な目的としていますが、この決定を見るまで、旧商店街の商店主を主とした反対運動(狛江でもあったのではないでしょうか)が激しかったのを今でも記憶しています。
狛江での高架事業は、矢野氏の力もあり、また、東京都であるという点でも「早く解決しなければならない」という意識を持てる住民の方々が多く、実現できたことかもしれませんね。
当地の高架実現はまだいつになるのかわからない状況です。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-05 13:15
 駅前商店街としては死活問題ですが、電鉄会社としても経営の安定にテナント利権は手放したくないものです。もともと私鉄はそれ自体で利益をあげるのではなく宅地開発および店舗の利益を見込んだ事業ですから。
 狛江駅前は西友があったけど、小田急沿線の敵陣ということからかサッサと撤退して行きました。
Commented by 白田川 一 at 2011-03-03 21:12 x
 こちらの記事にも一通り目を通しました。
矢野氏ならではの柔軟な判断力、私が真似しようにも難しいものがあります。これは恐らく、女性の政治家でも簡単に出来ないでしょう。

 ただ、共産党の体たらくには憤りを通り越し、「呆れ」しか残りません。私も昔は共産党支持者でしたが(親の影響が大きい)、国会分野での覇気の無さに失望し、2005年の総選挙を最後に見限りました。
あと、共産党で更に呆れたのが、現委員長の志位氏がオバマ氏相手に絶賛の書簡(ノーベル平和賞受賞の時)を送ったことであり、「共産党も志位氏も、ここまで落ちたか。もはや『偽反米』としか言いようが無い」と見損ないました。
 現時点でさえも共産党は惰弱であり、こんな状態が長引いているのでは矢野氏本人としても災難であるはず。今の共産党に、矢野氏という超優秀人材は勿体無いくらいです。共産党は矢野氏の顔に泥を塗る気なのだろうか…とさえ勘ぐりたくもなるものがあります。


 私が矢野氏ならば憤怒に絶えず「こんなクズ政党、滅んでしまえ!!」とばかりに【脱藩】するところですよ、ホントに。
Commented by ruhiginoue at 2011-03-04 08:58
自民も民主も駄目で公明や社民は論外というときに、共産がだらしないから絶好の機会を生かせないという問題です。
http://ruhiginoue.exblog.jp/15394891/
http://ruhiginoue.exblog.jp/15474510/
Commented by プラーク at 2011-03-05 16:56 x
反米でないといけないわけじゃないし、オバマ大統領やノーベル賞をどう評価するかは見解がいろいろだ。
そんなことよりも、現実的で具体的な政策とその実行が大事。
それがわかっていない人は「左寄り」ではなく「左巻き」。
Commented by ruhiginoue at 2011-03-05 21:16
 ノーベル賞はブッシュ路線修正の期待であるし、ヒラリー=クリントン氏がイラク戦争を後から実態がわかって批判したけど最初は容認していたのに対して、オバマ氏は最初から疑問を投げかけていたことで、勇気があると支持されたことも重く観るべきです。
 
Commented by 7色亭撫肩 at 2011-09-24 02:03 x
>市民の意見を聞きながら現実路線も推進して問題解決につなげたということで(現矢野市長は)

同じ人なのか?と計器跡地マンション騒動で思うが。
Commented by ruhiginoue at 2011-09-25 14:33
 跡地問題では、汚染や日照など環境問題が後から出てきたけれど、最初は、大企業が移転したら税収が減るとばかり叫いていたから、では跡地にマンションが出来ればよいという単純な話にされたのでした。
 革新首長は大企業誘致に無頓着だと批判した人の中には、自称もと社会党という人までいました。その無見識のためか落選したようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-10-30 04:48 | 政治 | Comments(10)