コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

漁船衝突映像流出問題で橋下知事がまた大ボケ発言

 橋下知事は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像流出問題について、報道陣に対し8日、「情報流出社会の方が良い。それを前提に対応すべきだった」「プライバシーにかかわる個人情報が出るのはよくないが、それ以外の情報は国民の情報。世に出回る社会である方がよい」と述べた。
 そんなこと言ってよいのかね。
 自分の不祥事で懲戒処分となったことでは、その腹いせに、処分が発表前に報道されていることにつけ込み、大阪弁護士会に対して情報漏洩で責任者を懲戒請求すると息巻いていた。
 懲戒処分は個人情報ではなく、実際に橋下氏が不利益を被ってもおらず、秘密どころかすぐに発表される予定のものでもあり、「本会又は弁護士及び弁護士法人に対する国民の信頼を確保するため特に必要があるときは、本会の懲戒に関する処分前であつても、事案の概要その他会規に定める事項を公表することができる」との規定もある。
 それでも駄目だと言っている人が、公式に事情あって今の段階では伏せておくというのを不正に流出させたことについては良いと言う。
 このような場当たり的でご都合主義の軽薄ポピュリストが、日本第二の都市で知事をしており、多くのお粗末とそれに対する批判にもかかわらず高支持率というのだから、先が思いやられる。これでは、中国の反日デモを当局のそそのかしだと非難しても虚しい。中国は戦略があるうえで、未解決問題への国民の不満を外国に向けようとしているが、日本は建設的でない批判により人気取りしようとしているだけの人が幅を利かせている。
 この現状を改めないと、日本は中国に勝てないだろう。

人気ブログランキングへ


社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-11-09 08:29 | 社会 | Comments(0)