コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自衛隊に入ろう

 前原誠司外相が、官房長官の「暴力装置」について「昔よく共産党系の本も読まれていたんだろう。その中に暴力装置のような言葉があったやに本人から聞いた。それが間違って出てきたものだと思っている。あくまでも本音ではなく、言葉が誤って出たものだと認識している」と述べ、仙谷長官を擁護したそうだ。
 しかしこの言葉は共産党とは仲が悪い系統の左翼が好んで使うと思ったが、まあ、前原のような人は気に入らなければなんでも共産党という田舎保守表現をするのだろう。このような人は少なくない。
 ただ、前に指摘したように、その時とっさに、そのような表現があるという意味であって自分の認識ではない、と言いそびれるのが自民党と違って民主が不慣れということ。
 そして外相は「自衛官は極めて崇高な役割を担っており、わたしは自衛官に誇りを持っている。何かがあったときに、これほど心強い組織はない」と強調。「仙谷長官も自衛隊の使命の崇高さ、大切さは十二分に理解していると思う」と語った。
 これはまるで、昔、発売中止になった歌のようである。最近ではロック編曲で唄っているバンドがあり、カラオケはそちらになっている。
 
 

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
Commented by 訪ね歩く者 at 2012-10-14 17:15 x
「(日本)共産党と左翼は仲が悪い」という話は初めて聞きますが、それってどういうことなのでしょうか?あ、共産党は社民党(旧・社会党)とはあまり仲がよろしくなかったのも、社民党が左翼とくっついていたことが大きいのでは?

  ただ、共産党と言えどもプロテスタントの人間が紛れ込んでいるから、幾分か左傾化している部分があるのでは???どこかで「プロテスタントは左翼の始まり」というの話を聞いたことがあるし・・・。
by ruhiginoue | 2010-11-19 22:23 | 政治 | Comments(1)