コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

未成年に死刑は社会の破綻

 宮城・石巻の3人殺傷事件は、裁判員も参加した裁判で二件目の、そして少年には初の死刑判決となったが、仙台地裁の鈴木信行裁判長は「事件当時18歳だったことは死刑を回避する理由にならない」と述べており、これは日本社会が破綻したということだ。
 そもそも、罪状がどんなにひどいものであっても、判断力の乏しい子供と老人の罪は、周囲の人間と社会の責任である、というのが世界的傾向であり、日本の場合は江戸時代に明文規定が作られていた。
 そして、責任の所在を明らかにし、起きてしまったことの修復および今後は起きないようにする対策という、建設的な対応ができてこそ成熟した社会であるというのが、普遍的な認識であったはずだ。
 ところが、それができなくなってしまった。命で償えといっても解決にはならないが、解決のしようが無くなってしまっているから、殺して決着するしかないという情けない状態ということだ。だから未成年で死刑回避の理由なしというわけで、日本の社会が破綻してしまったという告白の判決である。
 つまり、それだけ日本が貧しくなったわけで、逆に中国が、今は死刑が多過ぎると批判されているけれど、豊かになっていけば、そのうち死刑廃止が議論され始めるだろう。

人気ブログランキングへ
 
社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by しゅん at 2010-11-26 01:06 x
(保護者の承認が必要ですが)婚姻が可能な年齢で女を求めて殺人を犯したのですから、「子ども」として扱うには及ばないのではないでしょうか。
「未成年」の定義を見直すべきとの話は出ていますが、実際にされているのか、その点も気になります。
Commented by maru at 2010-11-26 01:53 x
17歳の男子が女を求めて人を殺したなら子ども扱いで良くて、
16歳の女子が男を求めて人を殺したなら大人として扱えという事でしょうか。
Commented by しゅん at 2010-11-26 06:06 x
「未成年」の定義を見直すべきということです。
Commented by ruhiginoue at 2010-11-26 12:46
 受験資格があるのと合格したのは違うということと同じで、未成年でも成婚したら成人とみなす法律だから、婚姻ならずでは未成年です。
 異性を求めるのは本能であって、判断や責任の能力とは別物です。
 耳かき店員殺害事件とかストーカー殺人警官は、成人の倍以上の年齢だったから責任を問われて当然ではあったけど、フラれてキレたのだから大人でなかったと言えます。
 大人なら、コクって断られ残念でも、話を聞いてくれてありがとうと言うものです。石田純一などモテる人はそうらしい。
 つまり成人を年齢で規定すること自体が当てにならないので、そもそもあまり基準として役に立たないことの引き下げ議論は意義が乏しいものです。
Commented by たいざ at 2010-11-26 23:11 x
気になったのは、この裁判報道の「市民感覚の判決」という言葉。
そもそも「市民」など、多様な考えを持ったものなのに、
一括りにするのは、中国の人民裁判みたい。

Commented by ruhiginoue at 2010-11-27 01:04
 中国が、市民感覚と称しながら烏合の衆による集団吊し上げをしてしまった件をかつてとりあげましたが、http://ruhiginoue.exblog.jp/11075818その違いを経験から自覚している人の割合が中国は日本より多いし、そのうえ経済でも逆転されているから、人権で日本が中国に差を付けられるのは確実でしょう。
Commented by ☆(転蓬)国士無双☆ at 2010-12-04 11:41 x
世界的に、過半数を超える国々で死刑制度は
事実上、廃止されています。
廃止の理由に対しては、私は、
『冤罪死刑の可能性は、決してゼロにはならない
から』
という理由にしてほしいと思います。
私は、自殺強要ギャングストーキングという
思想弾圧の被害者ですが、これは、独裁的
権力集団『右翼と大資本勢力』による異常な
思想弾圧で、北朝鮮でさえありえないほど
異常な弾圧です。
被害者(私)の心をバラバラに破壊するような
異常な集団リンチ型思想弾圧です。
例えば、EXILEや嵐などが、この異常犯罪に
加担しています。
「北朝鮮でさえありえない」、と私が言うのは、
例えば、その点です。
自殺強要ギャングストーキングの被害者は、
自殺や大量無差別殺人などの惨事にまで
追い込まれる可能性があります。
それは、本人の心、意志が強制的に破壊され、
歪められての惨事なので、本人に責任が
あるとは言えないはずです。
私は、まだ大丈夫ですが……
そういう理由から、冤罪死刑は無くならないと
言えます。
Commented by ruhiginoue at 2010-12-04 14:43
 アメリカでは、冤罪が多すぎると死刑を停止しましたが、冤罪の原因の多くが人種偏見というのだから、どう頑張っても司法には限界があり、だから制限を増やしてまずは最低でも死刑の禁止ということになるべきなのでしょう。
 それでも死刑を維持したがるのは政治的な理由です。フィリピンでは死刑廃止したけどクーデターが頻発したので復活しました。南アフリカのマンデラとか韓国の金大中のように、政治犯から大統領ということもあるので、それを阻止するには死刑しかありません。
by ruhiginoue | 2010-11-25 22:13 | 司法 | Comments(8)