井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

食べるだけなら親は要らない

 親がいなくても、万引きなどで子供は生きていける。そんなこと終戦直後にはざらにあったし、その後も家庭の事情からそうして生きてきた人たちがいることは、例えば内田春菊氏らが体験談を披露しているとおり。
 そうした子供たちを利用している悪い大人がいて、それはヤクザなどの犯罪者だが、それでも孤児院など社会の公的な制度より遥かにマシだったりすることは「オリバーツイスト」などに描かれている。
 しかし、教育は違う。万引きした本を熱心に読んで勉強し、たいへんな知識を持ったとしても、それでは認められない。学校を出たり資格をとったりするから、就職したり開業したりできる。
 これは給食も同じこと。給食は食べるだけのものではない。学校給食法により、教育の一貫と定義づけられているから、栄養の摂取だけでなく、その知識に興味をもつきっかけとし、食事作法や集団生活を学ぶのである。だから親が費用を滞納しようと、子供には給食を提供しなければならないのだ。
 そうしてみると、「子供手当」がいかに馬鹿げているかが解る。親に渡したらパチンコ代などに消える家庭は論外だが、生活費に消えても間接的に子供のためになるじゃないかという親が少なくなく、それは、子供にただ食わせれば親の義務を果たしたと錯覚している人が今も多いという情けない状態であり、そんなところへばらまいても、子供のためになるはずがない。
 そして、給食費滞納の親に困っているところが多いため、それを子供手当から差引きしようということになったが、それより給食費を無償化するべきだろう。給食は教育なのだから。
 さらに学校教育自体も、義務教育だけでなく中等教育(高校)も高等教育(大学)までも無償とし、家庭の財政とは無関係に、誰でも自由に教育を受けられるようにするべきだ。
 そうすれば、「子供手当」なんて不要であり、無責任な親が、単に子供が餓死しなかっただけなのに、「でも育ててやった」と言い訳することもなくなるだろう。

人気ブログランキングへ投票クリックお願いします 
 

政治 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by masagata2004 at 2010-12-20 14:37
賛成です。少子化の原因は教育、医療に金がかかりすぎることです。給食も、学校にブッフェスタイルの食堂をつくって、そこで好きなだけ食べさせればいいのです。子供手当って何というか発想が貧困ですよね。ただ、金払えばいいという。
Commented by ruhiginoue at 2010-12-20 17:49
 子供にとって、大人が出ないと駄目で、かつ大人でも個人では限界があるのが医療と教育で、他は公的補助はほとんど要らないし、親ですら無くてもなんとかなるものです。
 だからばらまきは無意味どころか有害です。
 アメリカでは学校食堂に不良業者が入札して肥満や情緒不安定を招く食品を子供に食べさせていて、これでは健康被害と少年犯罪の原因を学校で作っているようなものだという告発が『スーパーサイズミー』という記録映画にありましたね。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2010-12-18 23:15 | 社会 | Comments(2)