コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

石原さんときたら橋下さん

 お腹の具合が良くないので、今日は七草粥にした。
 ちゃんと材料を揃えて、湯通ししたあと切り、土鍋で煮込んだ米に加えてと、作り方もしっかりとやったから、証拠に写真に撮って載せようかと思ったが、そんなこと今日は大勢の人がやっていると思ってやめた。
 食べる前に、草の匂いで良くなった気がした。まるで草むらにいる猫であった。
 
 さて、石原さんの話をしたから、次は橋下さんの話をしよう。
 先日、仕事関係の知人で東京在住の男が言った。
 「大阪で橋下知事は府民から絶大な信頼を受けている」
 しかし、高支持率と信頼は違うし、府政の中身はひどいものだ。もちろん弁護士としても最低である。
 どうみても良い材料などないのが現実なのに、支持率が高いことは問題だ。
 このことは、大阪在住の作家の藤本義一氏も講演で言っていた。
 そう指摘すると、知人は言った。
 「なんでも反対という人がいる」
 藤本氏は作家の他にテレビタレントもしていて、かつては深夜のH系番組でも活躍していたが、良識派であり、テレビタレントとしては無責任な放言をする橋下弁護士とは大違いだし、アノマジャクという人柄でもない。そもそも具体性のある意見に対して、そんな言い方は失礼だし、それより不愉快だったのは、そのときの彼が優越感に浸ったようにしていたことだ。
 これはガキのやる仲間はずれ遊びだ。
 弱い者いじめなどをする奴に同調し、拒否する人をのけ者にする。 のけ者にされることを恐れて、さらに同調が増え、より少数となった者たちは、より強く排除される。いじめがエスカレートし、いじめている者及びいじめられずにすんでいる者が、倒錯した優越感を味わう。
 この構造が政治に持ち込まれている。
 
 かつてハリウッドが「赤狩り」に見舞われたとき、その急先鋒がマッカーシー上院議員だからマッカーシーイズムとも言われたものだが、そのご機嫌取りをしようと言い出したのがセシル=B=デミル監督だった。しかし当時の全米映画監督協会の会長だったマンキーウィツは馬鹿げていると拒否した。良かれと思った提案を一蹴され怒ったデミルは、マンキーウィツはアカだと非難し、この問題で協会の総会が開かれたら、デミルは自分の派閥の者たちとともに、会長解任を延々四時間に渡ってぶちまくった。
 政治的にデリケートな問題だし、相手は巨匠デミル監督である。みんな困った末、そのとき居合わせた最長老のジョン=フォード監督の意見を聞きたがった。そこで、ジーンズと野球帽というラフな恰好をし黙って座っていたフォード監督は、言った。
 「私はジョン=フォードです。西部劇を作っています。セシル=B=デミルさんは、大衆の心を掴むことに最も長けた、とても優れた映画監督です。しかし、私はあんたが嫌いだ。こんな退屈なことに延々と付き合わせおって。私はマンキーウィツに一票入れる。こんなくだらないことやめて、みんなうちへ帰ろう。帰って寝てしまおう」
 「賛成ーっ」と言う声が一斉にあがり、散会となった。当時居合わせた人たちは、「フォード監督、よくぞ言ってくれた。スカッとした」と証言している。
 フォード監督は熱烈な愛国者だったが右翼ではなかったし、それ以上に、彼の作品にも反映している彼の性分として、権力に媚びて弱い者いじめするなんて男らしくない、ということだった。それで、マッカーシの顔色を伺いマンキーウィツを攻撃していたデミルに怒ったわけだ。
 こういう威厳が、自分としては何よりも欲しいのだが。

人気ブログランキングへ投票をお願いしまいす 
 
[PR]
Commented by 藤本義一は批判だけする人だよ at 2011-01-07 21:25 x
テレビカメラを引き連れて府大改革に反対する為に橋下知事を訪問した時があった。テレビカメラの前で橋下知事に対し散々批判していたんだが、橋下知事が「分かりました、じゃ藤本さんに府大改革の案を出す取りまとめ役をお願いしてもいいですか」といったら
藤本義一は「俺はそんな知らん」俺のやることじゃないと拒否した。

母校を思い橋下知事の府政改革に反対していた藤本義一の言葉に重みがなくなった瞬間だったな。
Commented by maru at 2011-01-07 22:09 x
そんないい加減な申し出は普通断ります
Commented by sora at 2011-01-08 11:07 x
いい加減でしょうか。
責任を取らず文句を言うだけなら誰にでもできます。「○○評論家」などはだいたいが文句だけ言って改めるための具体的な案も出さず実行責任も追わずにいます。
文句を言う藤本さんに責任を取らせようとした橋下知事は、その点を暗に指したのではないでしょうか。
Commented by maru at 2011-01-08 11:57 x
その場でそんなまとめ役を申しつけるのは
いい加減以外の何ものでもないです。とても本気だと思えませんし。
その件で「橋下の言葉には重みが無くなった」
と何故ならないのか不思議です。
要は最初から橋下に肩入れしているからそう捉えるというだけの話で、
今回のブログ主の話そのままです。
Commented by sora at 2011-01-08 12:20 x
橋下さんに肩入れなどしていませんよ。する理由もありません。
藤本さんの著書には好きなものがありますので、どうせ肩入れをするのならどちらかといえば藤本さんに肩入れをするでしょう。
私自身が先入観で判断することがまずないので、「肩入れ」の言葉にちょっとびっくりしています。
橋下さんは藤本さんが文句だけ言って責任を取る気がないことをマスコミの前で証明したかっただけだと思いますよ。藤本さんが受けるなら受けるで、タレント知事がタレント作家に任せた仕事として話題にもなり注目を集めます。
Commented by maru at 2011-01-08 12:55 x
その場で突然決めるとかそんな人事あり得ません。
しかも批判者に改革案をまとめさせてそれを一体どう活用するつもりなんですか。
政治家が民間人相手に勝手に役割を押しつけて、
それを断ればそんな相手の陳情は意味がないと断定して良いんですか。
話題になって注目を集める、それが一体なんなんですか。
こんな事は劇場型のタレント知事だからこそ
英断と捉えてくれる人がいるというだけです。
Commented by sora at 2011-01-08 13:00 x
〉こんな事は劇場型のタレント知事だからこそ英断と捉えてくれる人がいるというだけです。

そのことも考えて「タレント」であることを活かし彼は知事になり、周囲も彼を知事にしたのでしょう。
Commented by すすむ at 2011-01-08 13:27 x
橋下氏は大阪府知事だから大阪府民の代表です。府民から要望や陳情を受けたら話を聴くだけの義務はあります。そして他の人たちの意見も併せて聴きながら考慮すると言うものです。
お前がやれ、はおかしい。やるのは政治家の仕事。
文句を言うならお前がやれと橋下知事は他の人にも言ったことがありますね。
無責任とは少し違い、橋下氏は勘違いしていると思われます。
今就任しているのは自分だから、他の人の意見は聴く耳持たない。意見を言うのではなく自分が就任しろ。そんなふうに言うのは、民主主義と選挙制度への間違った認識によってます。
選ばれたら独裁者になり、文句がある者は次の独裁者になれと橋下氏は言っているのですから。
担いでしまったことを後悔している人たちが自民党にいるのもわかります。
Commented by HARU at 2011-01-08 17:02 x
〉担いでしまったことを後悔している人たちが自民党にいるのもわかります。

こんな話をしている人たちの中に、大阪府民はいるんでしょうか。
いないなら、それこそ「文句だけ言って責任もとらない」し巻き添えもくわないのでは。
Commented by すすむ at 2011-01-08 17:46 x
>HARUくん
例えば沖縄の米軍基地問題のように地元の人と他所の人とで温度差があるような、なにか大阪特有の事情についての話をしているなら、府民かどうかいう意味もあるでしょう。
けど、これは府民が知事に陳情や請願をしたさいの話だし、そこから民主政治とは何かという地域にかかわらない普遍的な問題になっているのだから、大阪の人かどうかなんて関係ないですよ。

ところで藤本義一氏が、自分のすることでは無いと言ったことは、無責任どころか責任感がないと出来ない対応ですよ。
知事は、府民の意見を体系立て調整する正規の職員たちを抱えています。それを無視してその場の勢いで有名人を取り込もうとするのは間違いです。拒否して当然です。安易に受けるのは、おだてにのせられやすいお調子者のすることです。
Commented by HARU at 2011-01-08 17:52 x
〉すすむくん
このタイトルは何ですかね。
Commented by ruhiginoue at 2011-01-12 00:42
 松本の河野さんは、冤罪事件の被害者として警察の横暴と杜撰を批判したまでは良かったけど、おだてられ、のせられ、からめとられ、公安委員になってすっかり変節してしまいました。
 こういうことが沢山あるので、批判だけしていると批判されたら、批判しか出来ないけど批判をする勇気はあると言う精神力が必要です。
Commented by カミラ at 2011-01-13 11:39 x
勇気と責任とは違うんじやないでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2011-01-13 15:37
 違うし、対立もしませんし、比較するものでもありません。
Commented by kano at 2011-01-19 13:28 x
批判するのは勇気があるからではなく無責任だからできることです。
Commented by 雲隠れサイゾー at 2011-01-19 15:09 x
小林多喜二も山本宣治もゾフィー・ショルも浅沼稲次郎もマルコムXもキング牧師も・・・みんな無責任だったんだ。
権力者と向き合い批判してる人を匿名で無責任と批判してる人は無責任じゃないのかな?
Commented by ruhiginoue at 2011-01-22 20:34
 無責任な批判で何度も問題になって懲戒されたりしている橋下のような人も、たしかにいますね。
by ruhiginoue | 2011-01-07 20:18 | 政治 | Comments(17)